トップページ > メールマガジン > 2015/05/18 今の株式市場を見て注意すべきこと

2015/05/18 今の株式市場を見て注意すべきこと

2015/05/18 今の株式市場を見て注意すべきこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.329(2015.5.18)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

-今の株式市場を見て注意すべきこと-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
========
特別お知らせ情報
========

◆ウォーレン・バフェット率いる
バークシャー・ハサウェイ株主総会報告会を開催!◆

私、尾藤が今年も5月2日米国ネブラスカ州・オマハで開催されたバーク
シャー・ハサウェイ株主総会に参加しました。今年の総会は、ウォーレン・
バフェットがバークシャー・ハサウェイを買収してから50年の大きな節
目の総会で、期待にたがわず、すばらしい総会でした。その総会の模様や
かの有名なバフェットと株主との5時間に渡るQ&Aの内容をこの報告会
でつぶさにお話します。バフェットの株式投資成功の秘訣、人生への貴重
な示唆についてもお話します。また今年の実際の株主総会参加証、会場で
販売されるバークシャー傘下企業の株主限定商品を多数差し上げる抽選会
も実施します。ぜひ奮ってご参加ください。

日時:2015年5月30日(土)15:00~17:00
場所:東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB1F
TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルーム
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
http://tkpteigeki.net/access.shtml
参加費: 3,000円(当日支払い)

~限定50名~

お申し込みは、下記メールにて「5月30日バークシャー報告会参加希望」
として、お名前とご連絡先をお知らせください。

E-メール: info@bfsc.jp

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会
員、1級FP技能士の4つの最高難度の資格を持つ。金融機関から完全独立
のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助
言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グロー
バルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済
新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京・日経
CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」
日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。

◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。
次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせて
いただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。
● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。
● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。
● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。
● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいかわからない。
● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やしたい。
● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立
のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料
個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆

バックナンバーも掲載!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.329(2015.5.18)■

グローバル・スタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位
国際資格CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男です。この
週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげさまで、第329号となり
ました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本
当のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認め
る世界最高峰のグローバル・スタンダード資格、米国CFA証券アナリスト
資格を有しています。その資格管理団体である米国CFA協会は、次のよう
にいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとや
っても得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決
して到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわ
たり理解できる能力を持っていることを証明するものである。

―――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ『資産運用』編

-今の株式市場を見て注意すべきこと-

―――――――――――――――――――――――――――――

日経平均は一時20000円を越え15年ぶりの高値となりましたが、やや一服。
ただ市場には、絶えず日銀が買ってくれる安心感やGPIFの日本株買いや
GPIFの組入れ比率に追随する公的年金の買い、かんぽの買いなどが下値
を支えていると見ていることから、悲観色はあまり感じられません。
しかしながら、一方で投資家としては、市場の健全性や株主重視の姿勢
の継続性、日本企業の経営能力などに、厳しい目で見ておく必要があり
ます。それがひいては投資パフォーマンスを上げる鍵になるといっても
過言ではありません。

□ 株主還元は一過性?

日本企業は好決算を背景に、株主資本利益率(ROE)を上げる、配当性
向を高め増配を強める、自社株買いにも積極的に取り組むといっていま
すが、はたしてこの姿勢は持続するでしょうか。実際のところは、まだ
不確かな感が否めません。日本企業の経営者が、なぜ増配をしなければ
いけないか、なぜROEを上げることが会社の経営にとっていいことなのか、
自社株買いはどうして必要なのか、ということを本当に理解しているか
というと疑問です。残念ながら、まだ資本コストの考え方、資本効率を
上げることがなぜ会社や株主にとっていいかということを理解できてい
ない経営者は少なくありません。他がやっているし、業績もいいから、
うちもやっておこうというような、その場対応的判断がないとはいえま
せん。株の持ち合いも相変わらず続いています。

□ 不適切会計処理は、他にもないか。

一流企業で業績も悪くない東芝が、現在の段階では過去3年間、500億円
の営業利益を過大計上する会計処理を行っていたという事実は、投資家
として大変なさけない思いに駆られます。内部管理体制がなっていない、
コーポレート・ガバナンスも機能していないといわれてもしかたありま
せん。3月に500円を越えていた株価は、現在400円近辺。投資家にとって
は大変な迷惑です。過去にも同じような会計処理でIHIが利益を水増しし、
決算修正で営業赤字に転落したことがあります。他にもないのか、疑心
暗鬼にかられます。

□ 企業の業績格差が目立っている。

キャノンやニコンは利益が伸び悩みの一方で、コニカミノルタやエプソ
ンは業績が絶好調と、業績の格差が目立っています。デジタルカメラの
販売不振が大きな要因であることは確かですが、キャノン、ニコンの動
きの鈍さが気になります。キャノンは、御手洗氏が79才で会長兼社長兼
最高経営責任者として長年にわたり君臨していますが、そろそろ後進に
道を譲るべきでしょう。ニコンも、相変わらずデジカメ依存で戦略のな
さが目立ちます。一方で、コニカミノルタ、エプソンは絶好調です。コ
ニカミノルタは商業用プリンターが欧米で好調、エプソンも大容量プリ
ンターが新興国で好調と、カメラやプリンターのライバル、キャノン、
ニコンとの業績の格差がこれまでになく開いています。キャノン、ニコ
ンの巻き返しも当然予想されますが、企業の優勝劣敗は予想以上に早く
進むということも念頭におくべきでしょう。

□ シャープの経営危機から見える経営者能力の低さ

シャープの経営危機が再燃しています。15日シャープの株価は177円に
急落、2012年12月の株価水準に逆戻りという状況で、投資家にとっては
再建に期待した2年5ヶ月が無駄になった形です。その間、日経平均は2
倍以上も上がっています。事業の見直しを果敢に行ったとは言えず、価
格競争に巻き込まれている液晶事業を切り離すことも考えていません。
これまでの経営再建の過程をみると、事業見直しへの経営の取り組み方
に大きな疑問を持たざるを得ません。相変わらず技術過信でグローバル
な視野からの経営判断ができていない、新たな成長の芽を育てる戦略も
充分でなかったといえます。今回の経営再建策も、言ってみれば単なる
延命策としかいえません。このあたりに日本企業の経営者能力の低さを
みてしまいます。

□ 企業の業績発表は、1株利益で行うべき

企業の決算発表やマスコミの記事掲載では、すべてが利益額の水準やそ
の伸び率で表示していますが、これはそろそろ見直しするべきです。日
本企業には大規模な公募増資をする企業もありますし、一方で自社株買
い枠の設定も、昨今の株主重視の空気から盛んに発表されています。そ
の場合に利益の伸び率と1株利益の伸び率は違ってきます。たとえば三井
不動産の2015年3月期純利益は前期比+30.4%の大幅増益でしたが、1株
利益は+18.7%です。これは2014年に大幅な希薄化を伴う公募増資を行
った影響です。投資家は純利益の伸び率を見て投資判断すると間違うの
です。ところが決算発表やマスコミ記事には、1株利益の伸び率は表示
されません。逆に自社株買いが多くなれば、1株利益の伸び率のほうが
大きくなるから、企業にとってはこちらをアピールしたいでしょう。
投資家が間違いない投資判断をできるように、1株利益での業績表示や
業績予想が早急に求められるところです。

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

橋下大阪市長が大阪市民に問うた「大阪都構想」は僅差で否決されまし
た。地方自治の効率化という面では大変よい構想と見ていましたが、残
念な結果です。反対に回った年齢層が60才、70才代の高齢者に多いとい
うところは気になるところです。このような改革は40年、50年先にどう
効果を発揮するかという観点が大事です。いわばそれらの前の年齢層が
どう考えるかが鍵になります。「民主主義はいい」と橋下市長は言って
いますが、この民主主義により国家の大計をゆがめる感が否めません。

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のた
め、30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益
のみに目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわ
らでお金の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

―――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介し
ます。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を
通じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の
仕事をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■ メルマガ名   『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト   http://www.bfsc.jp/

■ 発行人      びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者    尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想  info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2015 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ