トップページ > メールマガジン > 2009/08/31 投資信託で、これだけはやってはいけない!No.1-人気の投資信託を買う

2009/08/31 投資信託で、これだけはやってはいけない!No.1-人気の投資信託を買う

2009/08/31 投資信託で、これだけはやってはいけない!No.1-人気の投資信託を買う

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.62(2009.8.31)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第62号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。

ぜひ、ご期待ください!! 

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?
────────────────────────────────────

■ 投資信託で、これだけはやってはいけない!!

         No.1─人気の投資信託を買う

────────────────────────────────────

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信

託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。

前回は同じような運用をする投資信託でも、驚くほど運用成績が違うというこ

とをお話しました。年率4%以上も違っていました。これは10年もすると元本

ベースで30%以上の開きになってくるのですから、大変なものです。皆さん

は投資信託を買う場合には、十分気をつけて買わなければならないのです。と

はいっても、投資信託は怖くて寄り付けない商品ではありませんし、むしろ資

産運用の成功には、なくてはならない商品です。そこで、今回からシリーズで、

「投資信託で、これだけはやってはいけない!!」ことを、皆さんにお伝えし

ていきます。そして、それがこのメルマガのタイトルである「資産運用の成功

に導く」ものなのです。決して看板倒れにはいたしません!!

ところで皆さん、このシリーズ「投資信託で、これだけはやってはいけない!!」

を他人事と思ってはいけません。なぜかと申しますと、「皆さんがやっている

ことばかり」だからです。こうお話しますと、むっとする人もいるでしょう。

あえていいますと、それほど日本では投資信託が正しく使われていないという

ことです。

さぁー、それだからこそ皆さんにとって勉強のし甲斐があるというものです。

ぜひじっくりとお読みくださいね!!

□ 人気の投資信託に気をつけろ!!

ここで、まずどの程度の金額が集まる投資信託が「人気の投資信託」というの

でしょうか。新しく販売する投資信託で1000億円以上集まるような投資信託は、

「人気の投資信託」といってよいでしょう。

2000年はじめ頃、大手の証券会社がいわゆる「巨艦ファンド」というものを販

売しました。集まるわ、集まるわ、なんと1兆円も集まってしまいました。そ

して、その集まった時点が天井でした。いまでは、なんと1300億円程度しかな

いそうです。当時日経平均は20000円ですから、相場の下落で資産は半分に減少

したとしても、解約による減少もかなり多いことがうかがえます。

また、インド株投信が2,3年前に日本でブームになりましたが、そのときはイ

ンドの放送局が取材に日本まで来たほどの加熱ぶりだったようです。あまりに

も巨額の資金が集まってしまったため募集を途中で打ち切ったとのことです。

その当時は、インドへの外国からの投資は制限されており、まさに「池の中の

鯨」のような金額が集まってしまったのです。

最近では、外国ハイイールドボンドの投資信託、エマージング債券投資信託が

人気になっています。

では、なぜこういう人気の投資信託に気をつける必要があるのでしょう?三つ

ほど、その理由を上げておきます。

□    巨額のファンドは、高値づかみが多い

たとえば上の「1兆円ファンド」のときは、この投資信託の運用開始までに、

この投資信託が買うだろう銘柄を見越して先回り買いをする買いが入るため、

この投資信託が実際に買う前にすでに値段が上がっているという状況ができて

しまったのです。そのため、すぐに買いには行かないにしてもそれほど待って

いられませんから、結局は高いところを買う羽目になるということです。そし

て、巨額ファンドの買いも終わり、熱が冷めてくると株価も潮を引くように下

がってきて(というより、本来の株価に戻ってくる)、この巨艦ファンドは結

局高いところを買ってしまうというパターンをたどるわけです。

なお、小生は、この巨艦ファンドのケースでこれが間違いなく起こったという

ことを断言するつもりはありません。しかし、テクニカルにはこういう人気フ

ァンドの場合には、こういうことが起こりうるということに皆さんは気をつけ

てほしいのです。

これは、上のインド株投信の場合も同じです。「池の中の鯨」というような金

額が集まりますと、当然先回り買いが多く入ってくるでしょうし、この投資信

託が買いに行く額が巨額ですから、需要と供給の原則で株価は、成約される前

にどんどん上がってしまい、結局この投資信託が買う株価ははるかに上がった

株価になりかねません。そして実体より上がってしまった株価は、いずれは本

来の株価に戻ってきて、この投資信託が買った株価は高値つかみということに

なりかねないのです。

□ 人気の投資信託を買う人は短期志向が強く、運用成績の足を引っ張る

もともと人気の投資信託を買う人は、その時々の時流に乗ったような投資信託

を買いますので、上がると売ったり、あまり成績が芳しくないと見切って売っ

てしまったりする傾向があります。

そうしますと、この投資信託を運用する担当者は、組み入れている株を売らな

ければなりませんので、せっかく買った株を運用担当者の意志と関係なくやむ

にやまれず売らなければならなく、当初運用方針による落ち着いた運用ができ

なくなってしまうのです。大きな金額で組み入れた株を売りに行きますので、

市場についている株価より安く売りがちになります。買いに行くときは、高く

買い、売るときは安く売るという図式が見えてくるわけです。

このように、短期志向の人が多く買いますと、運用パフォーマンスの足を引っ

張る傾向が強いのです。投資信託は、買った人みんなで支えあうということが

大事なのですが、それができにくいわけです。

□ 人気の投資信託は、手数料が高い。

さて、往々にしてこういう人気のある投資信託は、手数料が高いです。宣伝に

金をかけるためでしょうか。あるいは、運用体制をアピールするため外国の運

用会社に委託するためでしょうか。調査分析や売買執行の体制が充実させてい

ることをアピールするためでしょうか。あるいは、販売をする証券会社に手数

料を厚くするためでしょうか。「いい投資信託は、手数料が高いのです。」と

いうイメージを与えるためでしょうか。

とにかく、手数料が高いです。投資信託の手数料については別の機会に詳しく

お話しますが、人気のある投資信託で、当初の販売手数料が3.15%、年間

の運用費用(信託報酬)2.1%というのはざらです。そして皆さんによく覚

えておいていただきたいのは、このレベルの手数料を払う必要はこれっぽっち

もないということです。また、このレベルの手数料の投資信託は買わないこと

です。

まとめますと、このように新しく販売される人気の投資信託は、熱が冷めます

とさぁーっと潮を引くように価格も下がってくることが多いのです。こういう

投資信託には近づかないのが、なによりの選択ですね。

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見などお聞かせいただければ大

変うれしい限りです。投資信託編は、まだ始まったばかりです。これからも

っと皆さんが知らない、それでいながらどうしても知っておくべき投資信託

のお話をしていきます。

どうぞお楽しみに!!

======================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

======================================================================
このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身

の濃い情報をご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげ

てくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間

になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

衆議院選挙は、民主党の「地すべり的勝利」に終わりました。海外のメディア

も一斉に一面で報じています。

確かに、日本の政治史において歴史的なターニングポイントといってよいでし

ょう。それにしても国民は、小泉政権後3回も首相が変わる「政権たらいまわし」

には、ほとほとうんざりしていたのでしょう。有権者の間ではとにかく「自民

党政権を変えなければ」という判断が先に来て、票が民主党に行く結果となっ

たのだと思います。何も民主党の政策が優れているわけではなく、自民党から

政権を変える受け皿政党という選択ではないでしょうか。

とすれば、国民はこれからの民主党の政権運営を厳しく評価し、もし期待に沿

わないものであれば容赦なく新たな選択をするという方向が見えてきます。こ

れはなにより民主主義に必要な政治への関心を高めるものであり、日本の改革、

新たな前進にとってもきっと追い風となることでしょう。
───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客を増やすためのビジネス朝食会を開催しています。
・仕事前の早朝の時間を有効活用してビジネスを広げたい
・新しい「マーケティング」手法を学び、それをビジネスに生かしたい

詳細はこちらのサイトを参照 http://bni.typepad.jp/blog/chapt-0007.html

次回朝食会
日時   9月2日(水) 7:00~8:30
場所   吉祥寺第一ホテル
http://www.hankyu-hotel.com/hotels/12kichijojidh/access.html
会費   2000円(朝食代含む)
その他  名刺30枚程度持参
 
参加希望者はこちらまで 
m.bito@bfsc.jp(お名前、職業、参加日をご連絡願います)

★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★

朝食会仲間の、社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。
会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガということです。購読登録はこちらからどうぞ!

http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
  このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教育のまぐまぐから、おすすめ記事をピックアップ!
◆上の子が赤ちゃん返り、どうする?⇒ http://a.mag2.jp/ieQ
◆ニガテ科目を楽しく勉強させるには?⇒ http://a.mag2.jp/iev
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽こちらもいかが?マネージャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●FX&CXで「勝てる」投資家になるためのメルマガ
http://www.mag2.com/m/0000288444.html  月2回
【無料公開】あの松田哲氏や野川徹氏がオリジナルコメントを連載している、
月2万円の超人気!会員制サイト「投資LAB.(らぼ)」から話題のコンテ
ンツを無料公開♪トレード戦略・テクニカルコメント・相場天気予報など、F
X&CXの独自の投資情報が満載です。
★発行者webもご覧ください↓
http://www.toushilabo.com/?w3ael=00008
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ