トップページ > メールマガジン > 2009/10/05 投資信託の運営にかかわる関係者とその役割

2009/10/05 投資信託の運営にかかわる関係者とその役割

2009/10/05 投資信託の運営にかかわる関係者とその役割

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.67(2009.10.4)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第67号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。

ぜひ、ご期待ください!! 

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?
───────────────────────────────────

■ 知らないと損する「投資信託の仕組み」

       ─投資信託の運営にかかわる関係者とその役割─

───────────────────────────────────

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信

託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。

さて、これからしばらく「投資信託の仕組み」を勉強します。やや説明トーン

になってくるところもありますが、できるだけわかりやすくお話していきます。

この「投資信託の仕組み」を知っていることは、皆さんの大切なお金を預ける

わけですから、絶対に大切なことなのですね。いいかえると、知らないと損す

る「投資信託の仕組み」なのです!!

ここで知っている人もあえて整理することもいいですし、知らなかった人は投

資信託の基礎を勉強するいい機会です。ぜひ知っておいてほしいことばかりで

す。多分皆さんは、これを読むことによってほかの人に投資信託については優

位に立つことでしょう。

さて、これまでお話している投資信託も、ここでお話しする投資信託も、一般

に皆さんが買っている「契約型」投資信託というタイプの投資信託のことを指

しています。ただ、これはあまり覚えておく必要はありません。念のため詳し

い人がいて、あえてどの投資信託のことを言っているのかわからないというよ

うな指摘がある場合のためです。

□ 投資信託の関係者は、投資家、販売会社、運用会社、信託銀行の4者

投資信託の運営を支える関係者は、この4者といってよいでしょう。この4者

以外には、皆さんは考える必要はありません。この4者は、投資信託の運営を

支える欠くことのできない関係者です。

そこで、それぞれ個別に見ていくことにしましょう。

□ 「投資家」は、運用するお金を出す。

投資家がいなければ、投資信託は運用できません。お金を出す人がいなければ、

投資信託を運用できないからです。いわば最終のお客様であり、商品でいえば

消費者にあたります。一番のお金の大本です。そして投資家はすなわち皆さん

です。

専門用語で投資家を「受益者」と呼びますが、これは、「投資信託の運用で上

がる損益をすべて受けるもの」という立場を表したものです。「受益者」とい

う硬いことばではすこし理解しにくいですね。これは、投資信託全般にいえ、

専門用語が多すぎ、わざとわかりにくくしているのではないかとうがった見方

をしてしまうほどです。あえてけちをつければ、「受益者」は「受損益者」に

したほうが、正確ですね。

投資家の立場をやや突っ込んでみてみますと、投資信託を通して株式や債券を

買っていますので、投資信託で保有する株式の最終株主、投資信託で保有する

債券の最終保有者といってもいいのです。ただし、最終株主ではありますが、

株主権を行使するのは現実的には困難なため、運用会社が皆さんに代わり行使

します。

□ 「販売会社」は、投資家に投資信託を売る「売り子」

販売会社は、○○証券会社や○○銀行など、皆さんに投資信託を売る役割を果

たします。いわば、投資信託の売り子ですね。ここで間違ってはいけないのが、

証券会社や銀行は、絶対に投資信託を「運用しない」ということです。どうも

投資信託を選ぶときに、個人の皆さんは、大きな証券会社や銀行(野村証券、

三菱UFJ銀行など)で買えば安心という潜在意識があるようですが、販売会社

と投資信託の運用成果とは何の関係もないということを忘れてはいけません。

くれぐれも、「大手の金融機関で買うといい商品だろう、なんとなく安心だ」

というような誤解や間違った認識をしないでくださいね!!

ということは、販売会社は、運用成果には何の責任もなく、ただ売るだけとい

うことです。また、投資家の窓口として投資信託を換金したり、分配金を支払

う取り扱いをしたりもします。

□ 「運用会社」は、投資家のお金を運用する。

運用会社は正確には「投信委託会社」といわれます。この「委託」とはなにを

いうのか。本来は、投資家にはすんなり結びつかないところでの話しです。

委託とは、次に出てくる「信託銀行」に投資家の資金の管理を委ねるから、そ

う呼ばれるのです。わかりにくいですね。どうでもいいようなところでむずか

しいことばが出てくると、ますます投資信託の理解がとっつきにくくなる面が、

こういうところにもあります。

運用会社は何をするか、まさに皆さんのお金を運用します。この運用会社で、

投資運用の成果がすべて生み出されるのです。ですから、ここでの運用の巧拙

が、すべて皆さんのお金の損益に反映されるわけです。いくら名の知られた証

券会社で買っても、運用会社の運用がひどければ元も子もありません。そして、

証券会社には運用成果の当事者意識はないということを忘れてはいけません。

皆さんが売った証券会社に苦情を言っても「運用会社に文句を言ってください」

といわれるのが関の山です。ということは、証券会社や銀行が皆さんに投資信

託を売りつけるときの言葉、セールストークは、運用の実体に裏付けられたも

のではなく、ただ単なる台本上のせりふということですね。そのあたりは、こ

ういう関係者の役割をよく理解していれば、おのずとわかってくるわけです。

ですから、皆さんの投資信託の運用状況がどうなっているのか、運用成果がど

うしてこうなっているのかなどの問い合わせ先はあくまでも「運用会社」です。

証券会社や銀行は、単なる「売り子」です。

そういう意味では、「運用会社を選ぶ」ということは、ものすごく大事なので

すね。運用体制、調査能力、コンプライアンス、システム、運用管理、財産基

盤などがしっかりしていないと、大切なお金の運用はまかせられません。では、

どういう運用会社がいいのでしょう。

これも、一般個人の皆さんには、選別がむずかしいところです。「どこがいい

か」という部分は、もっぱら専門家の世界で、だからこそモーニングスターな

どの投信評価会社が存在しているわけです。また優れた運用会社についての様

々な本が出ています。

なお、さきほど、証券会社や銀行は投資信託を販売するとお伝えしましたが、

運用会社が直接販売するやり方も(直販)ここ数年で始まっています。

□ 「信託銀行」はお客様の資金を預かる。

信託銀行は、正確には「受託者(信託会社等)」と呼ばれます。なぜ「受託」

か、といいますと、投信委託会社と呼ばれる運用会社が、資金を信託会社に委

託し、信託会社はその資金を「受託」するからです。個人の皆さんにはどうで

もいいようなことですが、大事なことは、運用会社が皆さんのお金を持ってい

るわけではなく、信託銀行が持っているということです。そして運用会社はお

金を預かっている信託銀行に、売買の指示をします。

信託銀行のもっとも大事な役割は、皆さんのお金すなわち信託財産の管理です。

ここはよく覚えておいてほしいのですが、信託銀行は、この信託財産を信託銀

行の資産と分別して管理しなければならないということです。これが何をいわ

んとしているかといいますと、信託銀行がつぶれても分別管理された皆さんの

資産は守られるということです。ですから、皆さんの投信という資産がどこか

に行ってしまうということ、あるいは金融機関が破綻すると1000万円を超

える元本や利息が戻ってこないということはないのです。この意味では、投資

信託のほうが預金より安全といえるわけです。

このような「投資信託の運営にかかわる関係者やその役割」を知っていること

は、投資信託を購入するときに、大いに必要なことですね。

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見などお聞かせいただければ大変

うれしい限りです。投資信託編は、まだ始まったばかりです。これからも、

もっと皆さんが知らない、それでいながらどうしても知っておくべき投資信託

のお話をしていきます。

どうぞお楽しみに!!

======================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

======================================================================
このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身

の濃い情報をご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげ

てくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間

になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

2016年東京オリンピック開催は、招致なりませんでした。本当に残念です。

やはり地元でやるとなれば、選手強化は一気に進みますし、活力を全体に与え

ます。なにより日本に今必要なのは、みんなが共通のものとして楽しみにでき

る大きなイベントではないかと思います。

こういう大きなイベントが、日本には、大変少なくなってきました。少し静か

過ぎると思うのですが、どう思いますか。このごろみんなが内向きなのも、こ

の辺に原因があるのではないかと思います。

もう少し元気になるためにも、こういうイベント招致にもっと精力を注ぐべき

だと思います。

そうです!! オリンピック招致に何度でも挑戦するべきです!!

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客を増やすためのビジネス朝食会を開催しています。
・仕事前の早朝の時間を有効活用してビジネスを広げたい
・新しい「マーケティング」手法を学び、それをビジネスに生かしたい

詳細はこちらのサイトを参照 http://bni.typepad.jp/blog/chapt-0007.html

次回朝食会
日時   10月7日(水) 7:00~8:30
場所   吉祥寺第一ホテル
http://www.hankyu-hotel.com/hotels/12kichijojidh/access.html
会費   2000円(朝食代含む)
その他  名刺30枚程度持参
 
参加希望者はこちらまで 
m.bito@bfsc.jp(お名前、職業、参加日をご連絡願います)

★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★

朝食会仲間の、社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。
会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガということです。購読登録はこちらからどうぞ!

http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
  このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆オリックス信託銀行 ≪無担保借りかえローン バンクプレミア≫◆◆◆
 上限額500万円,金利(固定)5.9%~13.5%,借り入れ最長8年まで!
◎条件次第で毎月の返済額の軽減も! ★詳しくは⇒ http://a.mag2.jp/iLhG
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●FX(外国為替証拠金取引)で儲けようby羊飼い
http://www.mag2.com/m/0000169712.html  週3回ぐらい
お小遣いから資産運用まで。口座開設キャンペーンで現金GETできる情報も配
信。為替相場予想、注目の重要指標まで、話題盛りだくさんの外国為替証拠金
取引(FX)で儲けるメルマガ!
★発行者webもご覧ください↓
http://fxforex.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ