トップページ > メールマガジン > 2015/12/21 まだ間に合う、今年できるお金回りのお得情報

2015/12/21 まだ間に合う、今年できるお金回りのお得情報

2015/12/21 まだ間に合う、今年できるお金回りのお得情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.355(2015.12.21)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

-まだ間に合う、今年できるお金回りのお得情報-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======
お知らせ情報
======

◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービス好評実施中! ◆

弊社は『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。
次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせて
いただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。
● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。
● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。
● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。
● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいかわからない。
● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やしたい。
● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立
のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料
個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆

バックナンバーも掲載!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.355(2015.12.21)■

グローバル・スタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位
国際資格CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男です。この
週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげさまで、第355号となり
ました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本
当のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認め
る世界最高峰のグローバル・スタンダード資格、米国CFA証券アナリスト
資格を有しています。その資格管理団体である米国CFA協会は、次のよう
にいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとや
っても得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決
して到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわ
たり理解できる能力を持っていることを証明するものである。

―――――――――――――――――――――――――――――

■    メルマガ『資産運用』編

-まだ間に合う、今年できるお金回りのお得情報-

―――――――――――――――――――――――――――――

今年も、あと10日あまり。クリスマスと年の瀬でいよいよあわただしく
なっています。そういった忙しさにまぎれて、ついお金回りでやり逃し
てしまうのが、今の時期です。これがことのほか、もったいない結果を
もたらします。そこで今から間に合う、とっておきお金回りのお得情報
をお伝えしましょう。

□    外貨建てMMFや利付き外債は、含み益なら年内売却

金融所得税制が変更になり、これまで非課税だった公社債、公社債ファ
ンドの売買益が来年から株式や株式投資信託と同じように、20.315%課
税になります。ここ数年の円安で、外貨建てMMFや外債にはかなり為替評
価益が出ていることが見込まれますから、その場合に非課税の年内に売
ることが選択肢になります。特に外貨建てMMFの場合、同日同額売買が手
数料なしでできます。こうして為替コストを現在の為替水準にして簿価
を上げておくのです。たとえば1万ドル相当のドル建てMMFの取得時の為
替が1ドル80円で、売却時の為替が122円とすると、今年売れば非課税の
ところ、来年以降に売れば42万円×20.315%=約8.5万円課税されるとい
うことです。そこで今年中に122円で売って買い戻せば、売買益は非課税
で、来年以降為替の簿価は122円になるわけです。

□    損出しして、売買益や配当金との損益通算や3年の繰越へ

持っている株や株式投資信託が上がる見込みがなかったり、他にもっと
いい銘柄があったりする場合には、今年中に損失となっている銘柄を売
却して、今年の売買益や配当金と損益通算をしたり、損失分を来年以降
3年間繰越したりすると、売買益課税額や配当金の源泉徴収分が還付され、
節税の面で有利です。こういったことをこまめにやると、それが習慣に
なり、資産は結果として増え、けっこう資産運用が楽しいものになります。
たとえば100万円の売買損失を出せば、その年に100万円の売買益を出し
て20.315万円課税されていても、あるいは100万円の配当金を受け取り
20.315万円源泉徴収されていても、その分が戻るというわけです。また
それがなくても、翌年以降に100万円の損を繰り越せば、翌年以降3年間
同じように売買益や配当金と損益通算できます。

□    今年のNISA枠は必ず使っておこう

今年のNISA枠100万円(来年から120万円)は、必ず使っておくとよいで
しょう。当初5年非課税、さらに5年間120万円分が非課税ということで、
投資効果の面で大変有利です。たとえば昨年から5年間NISA枠をフルに
活用して、想定利回り6%(公的年金の株式想定利回り)で運用し、5年
経過後さらに5年間これまでに投資した分をNISAで投資すると(年間120
万円を上回る額は一般口座に入れられ、課税での運用)、投資累計額
560万円分に対して、受取額はおよそ990万円になります。この560万円を
たんす預金にしたままなら、560万円が貯まるだけ。その差は430万円と
大変大きくなります。こういったよい制度を活用するかしないかが、
資産をつくれるか否かの分かれ目になります。

□    とてもおいしい「ふるさと納税」

地方自治体に寄付すると、一定の収入の枠内で税金の控除が受けられ、
自治体によっては地元特産品がもらえる「ふるさと納税」。この制度は、
私も今年大いに利用し、とてもおいしい思いをしました。いただいた特
産品を列挙してみましょう。

1.    ふかひれ姿煮 4袋(気仙沼市)
2.    赤白甲州ワイン、煮あわび1瓶(甲州市)
3.    うなぎのかば焼き 特大4尾(志布志市)
4.    毛ガニ大3杯、北海島えび(根室市)
5.    特大のどグロ干物4枚(浜田市)
6.    焼酎6瓶(1.8リットル)(日南市)
7.    大吟醸3瓶(1.8リットル)(一宮市)

みな地元の特産品で、特に魚介類は都会では得がたい品々です。これら
全部がたったの2,000円でいただけるというのですから、利用しない手は
ありません。現在、年内に利用しようと駆け込みの申し込みが殺到し、
自治体はてんてこ舞いのようです。
「ふるさとチョイス」 http://www.furusato-tax.jp/ などのサイトを
一度覗いてみるとよいでしょう。

これらの制度は、年内まだ間に合う制度。資産運用関係の取引の最終期限
は今週後半、お役所の仕事納め日などの制約がありますから確認して、
やりたい向きはやり逃しのないようにしておくとよいでしょう。

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

「こういう投資信託にまとまったお金をつぎ込むのは危険だな。」と感じ
ていた野村ドイチェ・高配当インフラ投信。高配当にするため、高配当を
確保するため、原油のパイプラインに投資して利用料収入を投資家に分配
するMLPと呼ぶ資産を多く組入れているのですが、案の定、原油の大幅下落
で資産は目減りし、年初から先週末のリターンは-15.8%。果たして購入
した人は原油関連の資産が多く入っていることを知っていたのか疑問です。
1年前運用資産は1兆3000億円を越え、最も人気がある商品でしたが、いま
では早くも6000億円強と半分以下に急減しています。販売手数料3.78%、
信託報酬1.9%と高コストも足を引っ張り、過去の人気投信が辿った道を
また歩みそうです。

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のた
め、30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益
のみに目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわ
らでお金の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

―――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介し
ます。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を
通じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の
仕事をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■ メルマガ名   『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト   http://www.bfsc.jp/

■ 発行人      びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者    尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想  info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2015 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ