トップページ > メールマガジン > 2015/12/28 手堅い投資でしっかりリターンを取る投資手法 - ローベータ投資

2015/12/28 手堅い投資でしっかりリターンを取る投資手法 - ローベータ投資

2015/12/28 手堅い投資でしっかりリターンを取る投資手法 - ローベータ投資

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.356(2015.12.28)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

- 手堅い投資でしっかりリターンを取る投資手法 - ローベータ投資

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======
お知らせ情報
======

◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービス好評実施中! ◆

弊社は『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。
次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせて
いただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。
● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。
● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。
● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。
● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいかわからない。
● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やしたい。
● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立
のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料
個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆

バックナンバーも掲載!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.356(2015.12.28)■

グローバル・スタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位
国際資格CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男です。この
週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげさまで、第356号となり
ました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本
当のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認め
る世界最高峰のグローバル・スタンダード資格、米国CFA証券アナリスト
資格を有しています。その資格管理団体である米国CFA協会は、次のよう
にいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとや
っても得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決
して到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわ
たり理解できる能力を持っていることを証明するものである。

―――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ『資産運用』編

- 手堅い投資でしっかりリターンを取る投資手法 - ローベータ投資

―――――――――――――――――――――――――――――

私が加入するCFA協会が発行する世界トップクラスの投資理論誌、ファイ
ナンシャル・アナリスト・ジャーナル2015年11/12月号に興味深い論文が
掲載されていましたので、ここで紹介しましょう。そのタイトルは「ニ
ューヨーク・ダウ平均のベータに、逆に賭ける」。運用パフォーマンス
を上げる可能性がある投資手法として、あるいは個別銘柄選択の上で、
大変参考になる考え方です。なおベータ(β)とは、耳慣れない言葉です
が、市場全体の価格変動(ベータを1として)に対する個別銘柄の株価
の感応度の大きさを示すもので、1より低い場合は「ローベータ」で、高
い場合は「ハイベータ」といいます。低い場合は市場に対して相対的に
リスクが少なく、高い場合はリスクが高いと捉えることができます。

□ アノマリーが存在するローベータ銘柄

通常の考え方では、高いリターンを得るためには高いリスクを取らなけ
ればならないということは、だれでも納得するところです。ところが、
そこに、そうではないアノマリー(通常の考え方と違う異状なこと)が
存在し、市場全体の価格変動より株価の変動が少ないローベータの銘柄
(防御的銘柄ともいう)のほうがハイベータの銘柄(攻撃的銘柄ともい
う)より、長期で見るとパフォーマンスがいいと、この論文で述べてい
ます。すなわち、低いリスクで高いリターンが取れるというのです。こ
れが本当であれば、投資家としては願ったりかなったりです。

この論文で、ニューヨーク・ダウを構成する30銘柄のうち、低いベータ
から高いベータまで5銘柄ずつ6グループに分けて、1931年~2013年のパ
フォーマンスを検証すると、もっとも低いベータのグループが、リター
ンが最も高く、もちろん価格変動は最も低く、リスクに対するリターン
の度合いは最も高かったというのです。これは大変喜ぶべき結果です。

これがいわゆる「ローベータ・アノマリー」。どうしてこういう現象が
起きるのでしょう。この論文や多くの論文は、ベンチマークとなる株価
指数を上回ろうとする運用担当者が、くじを引くときのように「あわよ
くば」という思惑から、また成長している会社がいい投資先とする表象
化や自信過剰から、ハイベータの銘柄に投資しがちになり、ローベータ
銘柄に目が行かなくなり、それがハイベータ銘柄を割高に、ローベータ
銘柄を割安にするからだとしています。そして、このような対ベンチマ
ークで評価を受ける運用がなくならない限り、このローベータ銘柄のア
ノマリーはずっと続くだろうとしています。

□ ウォーレン・バフェットもローベータ投資

世界最高の投資家をいわれ、この50年で年率21.6%とS&P500指数の9.9%
を2倍以上上回る投資パフォーマンスを挙げているウォーレン・バフェッ
トの投資手法は、バフェットがローベータを意識しているか否かは別に
して、ローベータの銘柄が多いことは確かです。上位保有銘柄のウェル
ズ・ファーゴ、クラフト・ハインツ、コカコーラ、アメリカン・エクス
プレスなどが代表的です。その他の銘柄も、ローベータといえる企業が
多くなっています。

このように、バフェットの投資手法自体が、ローベータの取引高が多い
大型優良株で、市場平均を大幅に上回る投資実績を挙げていることから
も、ローベータ投資の有効性がうかがえます。

□ どのようにローベータ投資をしたらいいか。

日本株でローベータ投資をする場合に、どこから個別銘柄のベータ値を
取ってきたらいでしょう。たとえば、ブルームバーグのサイトでわかり
ます。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/quote?T=jp09/quote.wm&ticker=4452:JP

投資対象としてみる場合に、当然ながら市場ベータ1に対して、それを下
回れば下回るほどローベータとなります。そしてローベータ投資という
からには、ベータが1を下回る銘柄を選択することになります。そしてロ
ーベータ投資では、少なくとも3年以上は持ち続ける長期投資のスタンス
で臨み、かつニューヨーク・ダウ構成銘柄やバフェットが保有する銘柄
のように大型優良株に投資して個別銘柄リスクが大きくならないように
業種を分散して、できるだけ多くの銘柄(10~20銘柄)を持つことがよ
いでしょう。

ここでブルームバーグから、日本株でローベータの大型優良株を上げて
みましょう。
花王-0.817、日清食品-0.685、NTT-0.806、オリエンタルランド-0.867、
キャノン-0.776、電源開発-0.759など。
こういう銘柄をみると、市場全体より価格変動が少ないローベータのイ
メージがわいてきます。

なお、ここで取り上げた投資手法や個別銘柄は参考情報として紹介した
ものです。それによる投資結果を保証するものではありません。投資の
判断は自己責任でお願いします。

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

今年も数日で終わりです。齢を重ねると時間が経つのが年々早くなって
いく気がします。それだからこそ、日々大切に過ごしたいものです。一
方で、むしろ大切に過ごしたいと思うから日が経つのは早いのでしょう
か。来年は申(さる)年。騒々しい年とも言われますが、投資する上で
は、気持ちが安定して、よい状態でいればいるほど、投資成果もよくな
るという強い関係があるそうです。ぜひ、そのような心構えで臨みたい
ものです。

当メールマガジンは、新年1月18日からの配信となります。本年のご愛読、
大変ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のた
め、30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益
のみに目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわ
らでお金の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

―――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介し
ます。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を
通じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の
仕事をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

――――――――――――――――――――――――――――――――
■ メルマガ名   『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト   http://www.bfsc.jp/

■ 発行人      びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者    尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想  info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2015 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ