トップページ > メールマガジン > 2009/10/19 お客さまに提供される資料「販売用資料、目論見書」 

2009/10/19 お客さまに提供される資料「販売用資料、目論見書」 

2009/10/19 お客さまに提供される資料「販売用資料、目論見書」 

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.69(2009.10.19)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第69号となりました。ご愛読感謝しています。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。

ぜひ、ご期待ください!! 

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?
───────────────────────────────────

■ 知らないと損する「投資信託の仕組み」

        お客さまに提供される資料─「販売用資料、目論見書」       

───────────────────────────────────

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信

託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。

さて、これからしばらく「投資信託の仕組み」を勉強します。やや説明トーン

になってくるところもありますが、できるだけわかりやすくお話していきます。

この「投資信託の仕組み」を知っていることは、皆さんの大切なお金を預ける

わけですから、絶対に大切なことなのですね。いいかえると、知らないと損す

る「投資信託の仕組み」なのです!!

ここで知っている人もあえて整理することもいいですし、知らなかった人は投

資信託の基礎を勉強するいい機会です。ぜひ知っておいてほしいことばかりで

す。多分皆さんは、これを読むことによってほかの人に投資信託については優

位に立つことでしょう。

さてそこで、今回は「お客さまに提供される資料」です。このうち投資信託を

購入するときに提供される資料に、「販売用資料」や「目論見書」があります。

販売用資料は、いわば販売推進用パンフレットといってよいでしょう。目論見

書は購入を検討するお客さまに必ず提供しなければならない法定書類です。

そこで、まずこれらの資料を皆さんはどう位置づけたらいいかということをお

話して、その後各資料をどう見たらいいか、どこを注意してみたらいいかを説

明していきましょう。

□ 販売会社の「販売用資料」は販売促進用パンフレット

「販売用資料」は銀行や証券会社の店頭やネット上で提供されているものです

が、法律にもとづいて作られているものではありません。いわば、販売する側

の販売促進用パンフレットです。このため、往々にして、いいことばかりのオ

ンパレードということになり、購入する側が確認しておかなくてはならないこ

と、たとえばどの程度のリスクがあるか、コストはどの程度か、どういう特色

や注意点があるか、などがあまり理解されないまま、熱心なセールストークに、

なんとなくわかった気になり買うところまでいってしまうというケースが多く

なります。

特に大事な手数料については、後ろのほうにセールス文句より小さな字で書か

れていたり、全部の手数料について書かれていなかったりすることもあります。

また、注意しなければいけないのは、この販売資料を説明するときに、手数料

の説明が省かれることもあるということです。

銀行や証券会社の店頭で説明を聞いてすぐ購入しようとしないで、一度持ち帰

って、後で説明する目論見書などを見て自分で十分納得してから購入を決める

というステップがぜひ必要ですね。勧められるままの「店頭での衝動買い」が

絶対にやめましょう!!ユニクロやスーパーで商品を買うのとは違うんです!!

□ 「目論見書」にはすべてのことが書かれているが、・・・。

この「目論見書」の中には、法律で定められた必要な記載事項がすべて書かれ

ています。投資信託の購入を検討する際には、この「目論見書」をよく読む必

要があるわけですね。「目論見書」の中には、次のようなことが書かれていま

す。

・ 投資信託の基本情報(概要)

・ 特色・運用方針

・ リスク

・ 仕組み・運用体制

・ 申し込み方法

・ 手数料・税金

・ 運営方法

・ 運用状況(すでに運用されている場合)

・ 信託約款

ぜひ、読んでほしいことばかりです。ところが、おおかた「基本情報」以外の

項目は一般の人にはなじみにくく、専門用語ばかりです。これらを理解しなが

ら読み通すのは、実はかなりむずかしいのです。もう少し何とかならないもの

かと思ってしまいます。前の「販売用資料」とは風情がずいぶん変わってきま

す。最後の信託約款になりますと、保険の約款と同じで字が小さく法律で決め

られているから載せているという感じです。

私の印象では、ほとんどの人はこの「目論見書」を見ていないのではと感じま

す。

となりますと、危惧されるのが、このもっとも大事な「目論見書」がお客さま

に渡されただけで終わり、中味はよく理解されないまま脇に置かれ、購入する

意思決定にまで行ってしまうことが起きる可能性があるということです。

□ 「目論見書」を受け取ったということは、何を意味するか?

「目論見書」は、購入を検討するお客さまには、必ず交付することが法律によ

って決められています。ということが何を意味するかといいますと、次の点で

す。

1. 銀行や証券会社が説明すべきことが、すべて書かれている。

2. 購入を検討するお客さまは、この「目論見書」を読んでよく理解する

ことが求められている。

3. 購入を検討するお客さまは、この「目論見書」を読んだものと認識さ

れる。

4. 銀行や証券会社は、この「目論見書」を交付すればすべて説明したこ

とになる。

したがいまして、こうして投資信託を購入したお客さまが、後になって「まっ

たく説明を受けていなかった」「手数料がこんなに高いとは知らなかった」

「元本が割れる商品だとは知らなかった」といっても、通らないのです。なぜ

なら、目論見書が交付されていることはお客様の署名で記録に残されています

が、説明を受けたかどうかは録音でもしていない限り証明できず、「いった、

いわない」の水掛け論になってしまうからです。ましてや、1年も2年もたっ

て「知らなかった」「説明を受けていなかった」といっても、説得力は弱いで

すね・・・。

□ 投資信託は、よほど慎重に買わないと・・・

衣料や食料品を買うのと同じ感覚で、投資信託を買っている人が多いのではな

いでしょうか?あまり気軽に、証券会社や銀行の店頭で、勧められるままに投

資信託を買わないことですね。ところが、「販売用資料」はいいことばかりし

か書いてなく「目論見書」は難しくて読む気にならない。本当に一般の個人の

人はどうしたらいいのでしょう。

私が相談を受けた主婦の人は、投資信託を30銘柄も持っていました。証券会

社の女性セールスが勧めるままに購入してしまっているのです。とても一つ一

つの投資信託がどういう投資信託か理解して買っているとは見えません。投資

信託は、ものを買うのとは違うのですが、そういう感覚で気軽に買っているの

ですね。

投資信託は、大事なお金を増やすのには本当に有力な手段なのですが、あまり

に気軽に買われすぎているのを、強く実感します。もっと慎重に、納得できる

まで調べてから買うという姿勢が本当に大事ですよ!!

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見などお聞かせいただければ大変

うれしい限りです。投資信託編は、まだ始まったばかりです。これからも、

もっと皆さんが知らない、それでいながらどうしても知っておくべき投資信託

のお話をしていきます。

どうぞお楽しみに!!

======================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

======================================================================
このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身

の濃い情報をご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげ

てくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間

になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

今週末は、久々にじっくりと大リーグ・アメリカンリーグ、チャンピョンシッ

プをみましたが、特にヤンキースとエンゼルスの第2戦は白熱した試合でした。

ニューヨークは気温6度というから、もう冬ですね。雪がぱらぱら降っている

のですから、選手も観客にも同情しますが、どうも見ている側もやっている側

もそんなことは一切関係ないようでした。延長13回ヤンキースのサヨナラ勝

ち。幕切れはエラーがらみでややあっけなかったですが、それまでの白熱した

投手戦は見ものだったし、ロドリゲスの同点ホームランはさすがに千両役者で

した。

一方、日本のCSシリーズ楽天対ソフトバンクも面白かったですね。野村監督を

解任という決定をした中で、球団首脳もここまで来るとは予想しなかったでし

ょう。チームがここまで変われるものなのか、本当に驚きです。そのリーダー

シップ力、さらには選手の気構え次第ということを感じさせられ、まさに劇を

みている思いでした。

日米とも、プロ野球チャンピョンシップ真っ盛り。これからもものすごいドラ

マが待っているのがほぼ確実でしょうね。大いに楽しみましょう!!
───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客を増やすためのビジネス朝食会を開催しています。
・仕事前の早朝の時間を有効活用してビジネスを広げたい
・新しい「マーケティング」手法を学び、それをビジネスに生かしたい

詳細はこちらのサイトを参照 http://bni.typepad.jp/blog/chapt-0007.html

次回朝食会
日時   10月21日(水) 7:00~8:30
場所   吉祥寺第一ホテル
http://www.hankyu-hotel.com/hotels/12kichijojidh/access.html
会費   2000円(朝食代含む)
その他  名刺30枚程度持参
 
参加希望者はこちらまで 
m.bito@bfsc.jp(お名前、職業、参加日をご連絡願います)

★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★

朝食会仲間の、社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。
会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガということです。購読登録はこちらからどうぞ!

http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
  このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
育児のまぐまぐから、おすすめ記事をピックアップ!
◆頭からの発汗がひどいので悩んでいます⇒ http://a.mag2.jp/iU0
◆子どもの真意がわかりません。どうしたら?⇒ http://a.mag2.jp/iU7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●カリスマ投資顧問 無料メルマガ『H氏のささやき』
http://www.mag2.com/m/0000281422.html  日刊
ブログランキング第1位、YAHOOニュースに出稿するあのカリスマ投資顧問アイ
リンクインベストメントの無料メルマガです。一般個人投資家では知りえない
機関投資家向け情報も満載。
★発行者webもご覧ください↓
http://www.ilinkinvestment.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ