トップページ > メールマガジン > 2009/11/09 どうして、日本で投資信託は広まらないか?

2009/11/09 どうして、日本で投資信託は広まらないか?

2009/11/09 どうして、日本で投資信託は広まらないか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.72(2009.11.9)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第72号となりました。ご愛読感謝しています。  

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。  

ぜひ、ご期待ください!!   

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。  

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?  

───────────────────────────────────  

■	どうして、日本で投資信託は広まらないか?  

───────────────────────────────────  

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信
託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。  

以前のメルマガで、日本の家計の金融資産に占める投資信託の比率(2009  

年3月)はたったの3.3%なのに対し、アメリカでは個人金融資産の中で投  

資信託の比率は株式や預金を越え、20.7%のトップの地位(2007年)  

を占めているとお伝えしました。まさに雲泥の差です。  

小生からいわせてもらいますと、「こんなにいい商品がどうして日本では利用  

されないの?」となるのです。あまりにも、皆さんは大きな機会損失をしてい  

ます。はっきりいって「もったいない!」ということです。私は、別に皆さん  

に証券会社のような「売らんかな」の腹づもりで言っているのではありません。  

本当にもったいないのです!!  

では、どうして投資信託は広まらないのでしょう。その背景をじっくりここで  

見ていきましょう。  

□ 証券会社や銀行の販売第一主義  

投資信託は、正しい使い方をすると、非常に資産運用の強力な武器になるので  

すが、そこに立ちはだかるのが、証券会社や銀行の販売第一主義です。この販  

売第一主義があるから、投資信託は広まらないといってもよいのです。  

皆さんにここで、爆弾発言をしておきましょう。それは、なにか。正しい使い  

方をされると証券会社や銀行は、儲からないということです。  

証券会社や銀行が儲かるためには、手数料の高い商品を次から次へとたくさん  

買ってもらうことです。次から次へとたくさん買ってもらうためには、投資信  

託を新しいお金で買ってもらうか、持っている投資信託や株、債券を売って買  

ってもらうかのどちらかです。  

確かに、ずっともってもらえれば、信託報酬という形で一部は収入として入っ  

てきますが、どうもこれが重要視されているようではありません。証券会社や  

銀行は、投資信託を長く持ってもらうことより、むしろ、新しく出てくる投資  

信託を買ってもらうことを最優先に考えているのです。そのほうが、新たな販  

売手数料が入ってきますから、収入が多くなるわけです。  

そして、これは投資信託の正しい利用法ではないため、実際に皆さんは投資信  

託のよさを実感することができず、投資信託が一般の皆さんの間で広まらない  

ということになるわけです。  

□ 個別投資信託の利益に目が行きがち  

このような販売のアプローチになりますと、長く持つというスタンスが取りに  

くい状況が生まれてきます。たとえば、少し上がり利益が出てきますと、この  

投資信託を売って新しい投資信託を勧めるというセールス手法をとり、お客さ  

まの目線も、これに釣られて個別の投信の利益に目が行きがちになるのです。  

投資信託は、本来こういう風に使うものではありません。証券会社や銀行にう  

まく利用されているため、正しい利用法が見えなくなっているのです。皆さん、  

これは本当に困ったことなのです!!  

投資信託が、売り買いに使われるということは本来ないのです。投資信託を使  

って正しい資産運用をしようとすると、一部例外を除き、お金を使うとき以外  

には売らないのです。なぜなら、本来は売ったら買うものがなくなるからです。  

今もっているものが、ベストのものなのにそれを売ったら、買うものがありま  

せんね。単純な理屈です。  

□	正しい利用法を知らない  

皆さん、正しい投資信託の利用法を知っていますか? 「知っていたら、この  

メルマガ、読んでないよ!」といわれそうですが、ほとんどの人が正しい利用  

方法を知らないため、新しいお金で自信を持って投資信託を買わないのです。  

あるいは、限られたお金だけを投資信託に回し、あとはほとんどを預金にして  

おくという状態になっているのです。  

正しい利用方法を知らなければ、当然投資信託の良さはわかりませんね。そう  

しますと、投資信託は全体としてなかなか増えないのです。  

□	実際に、いい思いをしていない  

投資信託でいい思いをしている人は、日本ではこのところ少ないのが、実状で  

しょう。たとえば、日経平均が現在10000円前後ですから、10年前に日  

本株の投資信託を買った人は、おそらく損しているでしょう。また、このとこ  

ろ円高ですから、外債ファンドを買っている人は、元本が下がっていることで  

しょう。そうしますと、投資信託を買っても、あまり利益は出ていないという  

人が、大半だと思います。実際にいい思いを投資信託でしている人が少ないの  

も、投資信託がなかなか広まらない理由のひとつです。  

□	いままで、利用できる商品が少なかった  

これまで、手数料の高い投資信託が多かったのも事実です。また、海外に分散  

できる投資信託が少なかったということもあります。海外に分散できるファン  

ドでも、手数料が大変高いものが多いということもありました。  

しかし、このところETF(上場投資信託)という大変使い勝手がよく、手数料も  

かなり安い投資信託が出てきて、この問題は解消されつつあります。後で詳しく  

説明しますが、このETFは資産運用にはなくてはならない金融商品になってきま  

した。  

しかし、ここでも証券会社は、ETFを熱心に勧めようとはしません。(なお、銀  

行はETFをもともと取り扱えません。)なぜ勧めないかといいますと、ETFは手  

数料が安く、ほかの投資信託を勧めたほうが、よほど実入りが多いからです。  

したがってお客さまが、ETFをほしいといわない限り、勧めることはありません。  

オンライン証券ではETFを自分で買えますが、いったいどのETFを買ったらいい  

のか、判断に迷うことでしょう。資産運用には、専門家のアドバイスが必要な  

のです。  

こんなことで、投資信託は、日本でなかなか広まらないのです。投資信託は、  

正しく使えばすばらしい金融商品なのですが、残念ながら日本ではまだ日の目  

を見ていないということです。  

しかし、皆さん安心してくださいね。これからじっくりこの投資信託の正しい  

利用法をお伝えしていきますからね!!  

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見などお聞かせいただければ大変  

うれしいです。投資信託編は、まだ始まったばかりです。これからも、もっと  

皆さんが知らない、それでいながらどうしても知っておくべき投資信託のお話  

をしていきます。  

どうぞお楽しみに!!  

======================================================================  

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:  

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?  

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。  

======================================================================  

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身  

の濃い情報をご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげ  

てくださいね。  

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間  

になりますように!   

───────────────────────────────────  

編集後記:  

最近、「ぼくらの頭脳の鍛え方」という立花隆氏と佐藤優氏の対談による、読  

書の効用、必読の400冊を紹介する本を読んだのですが、この二人は、まさ  

に読書という面ではすごい量、すごい領域をカバーする知の巨大吸収人です。  

立花氏の蔵書は7~8万冊というから、想像を絶する量です。図書館が優にで  

きてしまうでしょう。世の中には、超絶の人物がいるものですね。二人とも、  

月に十数万から20万円は本を買うそうです。佐藤氏がいうには、牢獄の中で  

検察の厳しい取調べに落ちなかったのは、読書のおかげだということでした。  

また、今度牢獄に入ったらもっと効率的に読書ができるといっています。この  

読書、人生のうえでも伴走者にするのにもってこいの便利なツールだと感じて  

いるこのごろです。  

───────────────────────────────────  

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html  

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html  

───────────────────────────────────  

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー  

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。  

皆さんに、こんなことはありませんか。  

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。  

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。  

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp  

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!  

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。  

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客を増やすためのビジネス朝食会を開催しています。
・仕事前の早朝の時間を有効活用してビジネスを広げたい
・新しい「マーケティング」手法を学び、それをビジネスに生かしたい  

詳細はこちらのサイトを参照 http://bni.typepad.jp/blog/chapt-0007.html  

次回朝食会
日時   11月11日(水) 7:00~8:30
場所   吉祥寺第一ホテル
http://www.hankyu-hotel.com/hotels/12kichijojidh/access.html
会費   2000円(朝食代含む)
その他  名刺30枚程度持参  

参加希望者はこちらまで 
m.bito@bfsc.jp(お名前、職業、参加日をご連絡願います)  

★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★  

朝食会仲間の、社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。
会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。  

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガということです。購読登録はこちらからどうぞ!  

http://www.mag2.com/m/0000230023.html  

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ