トップページ > メールマガジン > 2017/09/25 車のEV化が加速する中、気になるトヨタの動き

2017/09/25 車のEV化が加速する中、気になるトヨタの動き

2017/09/25 車のEV化が加速する中、気になるトヨタの動き

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!:No.392(2017.09.25)
■□
□■□           びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                   http://www.bfsc.jp

-車のEV化が加速する中、気になるトヨタの動き-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・スタンダードの米国証券アナリスト資格「CFA」と、FPの
最上位国際資格「CFP」をもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男で
す。この週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげで、第390号とな
りました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当
のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

■━■━■━■━■
お知らせ
■━■━■━■━■

限定6名様のセミナーを開催します!
サロン形式で、じっくりとわかりやすくお話します。
お気軽にぜひお越しください!

◆◆◆大幅刷新!◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
びとうファイナンシャルサービス代表、尾藤峰男が教える
『こうすればお金の運用で必ず成功する!セミナー』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日時:2017年10月28日(土)15:00~17:00
場所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル2F リファレンス会議室
JR有楽町駅 中央西口/日比谷口より1分
東京メトロ有楽町線有楽町駅 D2出口連絡
東京メトロ日比谷線・千代田線日比谷駅 A6出口より3分
都営三田線日比谷駅 B1またはB2出口より3分
http://tokyo.re-rental.com/yurakucho/access/
参加費:1,000円(当日支払い)
申込み:メールinfo@bfsc.jp又は電話03-6721-8386にて
「10月28日セミナー参加希望」として、
お名前とご連絡先とご年齢をお知らせください。

-お話しする内容-
● どうしたら株式投資で最も成功するか。
● 本当に正しいお金の運用法とは。
● もっとも効率的にお金を増やす方法とは。
● 国際分散投資はどうやったらいいか。
● よい金融商品の選び方。
● 証券会社や銀行にだまされないために。
● お金に困らない老後の安心を確保するために。
● NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)はどうしたらいいか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのは大変むずかしいです。
預金金利はゼロ、国の年金だけでは足りず、金融機関も利益追求に走っ
ていて、自分自身でしっかりお金を運用する必要がますます高まってい
ます。

このセミナーで、他では絶対に聞けない「お金の運用で必ず成功する方
法」を学びましょう。30年以上の投資経験と資産運用で頂点のグローバ
ル資格を持ち、金融機関とのしがらみが全くない資産運用アドバイザー、
尾藤峰男だから語れる「お金の運用で必ず成功する方法」を伝授します!
ぜひお越しください!

講師プロフィール:
尾藤峰男
びとうファイナンシャルサービス株式会社 代表取締役
「米国CFA協会認定証券アナリスト」「CFP」「日本証券アナリスト協会
検定会員」「1級FP技能士」の4つの最高難度の資格を持つ。金融機関
と全く関係がない資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職
金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。グローバルな
投資理論や外国株投資・国際分散投資に精通。日本経済新聞、週刊東洋
経済、週刊エコノミストなどへ寄稿・コメント多数。
著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。
2000年びとうファイナンシャルサービス株式会社設立。
投資助言・代理業-関東財務局登録。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-車のEV化が加速する中、気になるトヨタの動き-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このところ、電気自動車(EV)の動きが、世界中で一気に加速してい
ます。英仏政府が40年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止す
る方針を打ち出したのに続き、中国も追随を検討しています。世界の自
動車メーカーも、相次いでEVの開発を表明。フォルクスワーゲンは
2025年にEVを300万台販売する計画を発表、日産・ルノーも中期計
画で2022年までにEVの販売比率が全体の3割まで高まる見通しとし
ています。そうした中で、気になるのがトヨタの動きです。過去に日本
企業が陥った失敗を、中長期的に繰り返すおそれがあるのです。

□ 燃料電池車(FCV)に固執するトヨタ

トヨタは、大変なコストと期間をかけて、究極のエコカーとしてFCV
を開発し、市販に入っています。しかし、水素ガスステーションの設置
は遅々として進まず、1台700万円台となっていて、補助金を入れても
EVに太刀打ちできないため、日本では1000台超の普及にとどまって
いるそうです。

そこで、経済産業省は、水素ステーションの規制を緩め、水素ステーシ
ョンの設置がしやすいように後押しを始めました。現在全国で100箇所
足らずの水素ステーションを2025年度までに320箇所に増やす計画と
しています。またここでも経済産業省が口を挟む構図です。

トヨタは、せっかく開発したFCVの灯は消さないとして、今後も開発
を続ける方針です。しかし、これはかなり危険な道を歩む可能性が見え
ます。

□ FCVは日本オンリーの技術

世界中で、FCVを開発している自動車メーカーは、私の知る限り、ト
ヨタとホンダだけです。特許を公開して、普及を広める努力はしている
ようですが、世界の自動車メーカーのどこも追随してきません。そこに
今回の世界的なEV化の嵐。日産・ルノー陣営もいち早くEVへ舵を切
っています。FCVに他社が追随してこない中で、FCVの普及を広め
ようとするのは、かなりリスクが高いといえます。

□ FCVに固執する理由が見えてくる

EVは従来の部品点数より4割減り、EVの基幹部品の電池やモーター
は、メーカーが多数存在するため、世界的な分業が進みやすいとのこと
です。いわばEVは簡単に作りやすい製品なのです。一方で、従来のガ
ソリン・ディーゼル車は、自動車部品の下請けや取引先が多く、自動車
メーカーを頂点とするピラミッドができていて、なかなかそれを崩すこ
とができない形になっています。FCVに固執することは、既存のピラ
ミッドの仕組みに組み込まれた企業の網を維持するためともいえます。
そこに、経済産業省が出てくる余地があるわけです。

□ トヨタを頂点とするピラミッド体制が危うい

トヨタは、従来のガソリン車生産で、トヨタを頂点とする自動車部品の
下請け体制は強固なものがあります。資本構造も株の持ち合いなどでが
っちりとしています。しかし、ここが逆に大きなネックになるわけです。
すなわち世界がEV化に急速に傾斜していく中で、ガソリン車の下請け
体制を容易に崩せないジレンマを、トヨタは抱えているのです。いわゆ
る自前主義が貫きにくい状況が広がってきている中で、日産は、この下
請け体制をいち早くきっています。したがってしがらみなく、EVに傾
斜できるのです。

□ FCVは日本だけのガラパゴス化の恐れ

2000年代初頭に、ドコモがiModeを世界に広めようとしましたが、そ
れはかないませんでした。そして、日本の携帯はガラパゴス化の道をた
どったのです。今は軒並み撤退。自動車でEVが世界に急速に普及し、
FCVは日本のみで走るという、ガラパゴス化が危惧されます。そして、
トヨタを頂点とするピラミッド体制の従来型の仕組みを残そうとする中
で、競争激化する世界の潮流に機敏に対応していかなければ、どんどん
遅れをとっていく先行きが見えてきます。これからは、大型船団ではな
く、リーンな(むだのない)事業構造が求められるといってよいでしょ
う。

―――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:
トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩の激しい罵り合いには、一国のリー
ダーとしての品位のかけらもありません。これがそういう地位にいる人
物がいう言葉かと思うと、情けなくなってきます。2国の応酬の狭間で、
ミサイルが次々に国の上を飛んでいく我々は堪ったものではありません。

次回メルマガ予定の10月9日は、祝日のため休刊とさせていただきます。
◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報 ◆

☆★情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』★☆
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★『月刊ニュースレター』★☆
http://www.bfsc.jp/newsletter/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★おすすめメルマガ『日刊!”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」』★☆
社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介し
ます。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を
通じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕
事をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html
小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお
金の健康管理をするホームドクターです。

■びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ名   『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』

■発行人サイト  http://www.bfsc.jp/

■発行人     びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■発行責任者   尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ご意見・ご感想 info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2017 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ