トップページ > メールマガジン > 2010/02/08 直販の投信は、どうよ?

2010/02/08 直販の投信は、どうよ?

2010/02/08 直販の投信は、どうよ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.85(2010.2.8)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第85号となりました。ご愛読いただき感謝しています。 

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!CFA&CFPの
びとう@BFSがわかりやすくお話していきます。 

ぜひ、ご期待ください!!  

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。 

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろのお金についての疑問や悩みを尋ねてみませんか? 

─────────────────────────────────── 

■	投資信託を取り巻く「?」 

        ―直販の投信は、どうよ?― 

─────────────────────────────────── 

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信
託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。 

直販の投資信託は、さわかみファンドの澤上さんの理念に共感して立ち上がっ
たファンドがほとんどといってよいでしょう。ここで直販とは、運用会社が直
接投資家に販売することをいっています。通常は証券会社や銀行が販売します
が、運用会社が直接販売することにより、販売側のマーケティング戦略や収益
インセンティブが入らないようにして、投資家サイドに立った運用をめざそう
という趣旨でそうなっていると理解しています。 

現在小生が把握している直販のファンドは以下のとおりです。 

さわかみファンド
ありがとうファンド
楽ちんファンド
かいたくファンド
なにわおふくろファンド
コモンズファンド
セゾン-バンガード
セゾン-資産形成
ひふみファンド
ユニオンファンド 

これらのファンドの特徴についてみてみましょう。 

□	販売手数料がない、いわゆるノーロード。 

現在では、オンライン系証券を中心にノーロードは当たり前になっていますが、
上の直販投信は、すべてノーロードです。といいますのは、直販ですから運用
会社自らが販売するため、自社でどうするか決められるわけで、購入するお客
様のことを考えた方針といってよいでしょう。 

□	ファンドオブファンズの投資信託が多い。 

さわかみファンド、コモンズ、ひふみを除くファンドは、みな複数の投資信託
に投資する投資信託の形になっています。優秀なファンドを選択してポートフ
ォリオをつくるわけです。 

□	ファンドオブファンズの投資信託は、手数料が二階建て 

ファンドオブファンズは、投資信託に投資する投資信託のため、投資先の投資
信託と本体の投資信託の両建てで信託報酬がかかります。このため、たとえば
「なにわおふくろファンド」の場合この投資信託自体の信託報酬は0.945%
ですが、組入れ投資信託の信託報酬を入れますと、1.6%±0.25%とい
う投資家にとっての実質コストになるわけです。 

□	ほとんどが積極型ファンド、インデックスはセゾンのみ 

インデックス運用は、セゾン-バンガードのみです。ファンドオブファンズとい
うこともあり、運用に特徴のある投資信託を組入れる傾向が強いようです。そ
のため、積極型の運用をする投資信託を組入れるのでしょう。 

□	セゾンを除き、すべて株式 

さわかみ、コモンズ、ひふみが日本株100%、ありがとうファンドが日本株
主体に一部海外株を組入れ、セゾン-バンガードが内外の株や債券を組み入れて
います。他のすべてのファンドが内外株式への国際分散投資型のポートフォリ
オになっています。債券を組入れているのは、セゾンのみとなっています。 

このため、国際分散投資による資産運用という観点からは、内外の債券、不動
産投資信託、商品といったところがセゾンのみしかないため、他の投資信託の
場合は、株式100%運用しない限りはどこかから内外債券や不動産投資信託、
コモディティなどを補充する必要があります。 

□	現在のところ、すべてのファンドが無配当 

ここが、これらファンドの共通する特徴といっても良いでしょう。そして、こ
れが一つの大きな強みになっています。といいますのは、ファンドの中で配当
金や利金が出てもファンド内では課税されずに再投資できるからです。そのた
め、配当金を受け取る必要のない人、積み立てで将来のための資産形成がした
い人には、大変よい仕組みなのです。 

毎月分配型などの投資信託は、投資元本を上回っていると分配金に課税されま
すので、この分配金を再投資したいニーズがある人にすれば、もともと分配金
を出さないで投資信託の中で配当金を課税されずに再投資してもらったほうが
効率いいわけです。 

□	ほとんどのファンドがまだ小粒 

さわかみファンドは2300億円を超える日本を代表するファンドに育っています。
またありがとう、セゾンは、数十億円以上の規模のファンドに育っていますが、
そのほかの投資信託は、数億円の純資産額でまだ小粒です。つい先日、楽ちん、
かいたく、なにわおふくろの3ファンドが合併することを発表しましたが、数十
億円規模の投資信託にならないと、経営はなかなか厳しいでしょう。 

□	めざすビジョンはみな共感できる 

澤上さんは、サラリーマンの資産形成を助けるというビジョンを掲げています
が、ここに上げたファンドもみな一般投資家層を対象として健全な資産形成を
助けるという共通するものを持っていると理解しています。現在の厳しい投資
環境のもとで大変だと思いますが、ぜひがんばってもらいたいものです。 

	  	信託報酬(%) 運用タイプ 運用対象 純資産(百万) 

さわかみ	1.05	    積極型	  日本株	231500
ありがとう	1.6±0.3    積極型	  主に日本株	7116
楽ちん	   	1.6±0.3    積極型	  内外株	359
かいたく	1.56±0.2   積極型	  内外株	356
なにわおふくろ	1.6±0.25	積極型	  内外株	387
コモンズ	1.2075	    積極型	  日本株	308(09/08)
セゾンバンガ-ド	0.77±0.02	インデ   内外株債券	26650
セゾン資産形成	1.3±0.2	積極型	  内外株	3226
ひふみ	    1.029	    積極型	  日本株	440(09/10)
ユニオン	1.9±0.3	積極型	  内外株	645 

               純資産は()の時点を除き2010年2月3日時点 

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見など聞かせてください。投資信
託編は、まだ始まったばかりです。これからも、もっと皆さんが知らない、そ
れでいてどうしても知っておくべき投資信託のお話をしていきます。 

どうぞお楽しみに!! 

=================================================================== 

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー: 

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?
info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。 

=================================================================== 

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身
の濃い情報を紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげて
くださいね。 

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!  

─────────────────────────────────── 

編集後記: 

小沢氏と検察の対決は、小沢氏は嫌疑不十分ということで、不起訴処分となり
一応一区切りついたと見たいところですが、どうもそれだけでは終わらないよ
うです。 

野党の自民党は、資金の流れが不透明でマネーロンダリング的疑惑があるとか
で、今後も追及していくようですし、民主党内でも反小沢グループがいざ自分
らに追い風が吹けば責任問題を取り上げ、辞任を迫ろうというような動きがあ
りますし、検察は検察で、脱税の嫌疑で捜査を進めようという可能性も残って
いるようです。 

しかし、いまはみんなで足の引っ張り合いをするときではなく、日本のもっと
深刻な問題をまじめに議論して、難局を打開するべきときだと思います。足の
引っ張り合いをしている間に日本丸はどんどん沈んでいくという事態は避けな
ければなりません。 

─────────────────────────────────── 

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

─────────────────────────────────── 

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー 

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。 

皆さんに、こんなことはありませんか。 

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。 

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。 

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp 

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません! 

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。 

Copyright (C) 2010 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★ 

社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。 

会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。 

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガとのことです。購読登録はこちらからどうぞ! 

http://www.mag2.com/m/0000230023.html 

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-

最新号をメルマガでお届け
登録 解除

規約に同意して

登録した方には、まぐまぐの公式メルマガ(無料)をお届けします。

インタレストマッチ - 広告の掲載について

最近の記事

上へ戻る

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ