トップページ > メールマガジン > 2018/05/28 バークシャー株主総会で、バフェットが最初に語ったこと

2018/05/28 バークシャー株主総会で、バフェットが最初に語ったこと

2018/05/28 バークシャー株主総会で、バフェットが最初に語ったこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!:No.405(2018.5.28)
■□
□■□           びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                   http://www.bfsc.jp

-バークシャー株主総会で、バフェットが最初に語ったこと-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・スタンダードの米国証券アナリスト資格「CFA」と、FPの
最上位国際資格「CFP」をもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男で
す。この週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげで、第405号とな
りました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当
のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

■━■━■━■━■
セミナー情報
■━■━■━■━■
限定6名様のセミナーを開催します!
サロン形式で、じっくりとわかりやすくお話します。
お気軽にぜひお越しください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
びとうファイナンシャルサービス代表、尾藤峰男が教える
『こうすればお金の運用で必ず成功する!セミナー』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日時:2018年6月23日(土)15:00~17:00
場所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル2F リファレンス会議室
JR有楽町駅 中央西口/日比谷口より1分
東京メトロ有楽町線有楽町駅 D2出口連絡
東京メトロ日比谷線・千代田線日比谷駅 A6出口より3分
都営三田線日比谷駅 B1またはB2出口より3分
http://tokyo.re-rental.com/yurakucho/access/
参加費:1,000円(当日支払い)
申込み:メールinfo@bfsc.jp又は電話03-6721-8386にて
「6月23日セミナー参加希望」として、
お名前とご連絡先とご年齢をお知らせください。

-お話しする内容-
● どうしたら株式投資で最も成功するか。
● 本当に正しいお金の運用法とは。
● もっとも効率的にお金を増やす方法とは。
● 国際分散投資はどうやったらいいか。
● よい金融商品の選び方。
● 証券会社や銀行にだまされないために。
● お金に困らない老後の安心を確保するために。
● NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)はどうしたらいいか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのは大変むずかしいです。
預金金利はゼロ、国の年金だけでは足りず、金融機関も利益追求に走っ
ていて、自分自身でしっかりお金を運用する必要がますます高まってい
ます。

このセミナーで、他では絶対に聞けない「お金の運用で必ず成功する方
法」を学びましょう。30年以上の投資経験と資産運用で頂点のグローバ
ル資格を持ち、金融機関とのしがらみが全くない資産運用アドバイザー、
尾藤峰男だから語れる「お金の運用で必ず成功する方法」を伝授します!
ぜひお越しください!

講師プロフィール:
尾藤峰男
びとうファイナンシャルサービス株式会社 代表取締役
「米国CFA協会認定証券アナリスト」「CFP」「日本証券アナリスト協会
検定会員」「1級FP技能士」の4つの最高難度の資格を持つ。金融機関
と全く関係がない資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職
金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。グローバルな
投資理論や外国株投資・国際分散投資に精通。日本経済新聞、週刊東洋
経済、週刊エコノミストなどへ寄稿・コメント多数。
著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」「バフェットの非常識な株主総会」。
2000年びとうファイナンシャルサービス株式会社設立。
投資助言・代理業-関東財務局登録。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-バークシャー株主総会で、バフェットが最初に語ったこと-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のメルマガは今年のバークシャー株主総会での冒頭のバフェ
ットの発言を突っ込んで解説しましょう。大変示唆に富むことが内
包されていますので、ぜひお楽しみください。

バフェットの発言:
(ニューヨーク・タイムズの一面に太平洋戦争で米国軍が敗走する
写真を見せながら)
1942年当時、私が12歳だったとき、日米の太平洋戦争で敗走する
米国軍にマーケットが悲観する中、初めての株投資で石油株を買っ
た。すぐに下がり、わずかの利益で売ってしまったが、その後5倍
になった。

1942年当時、S&P500指数相当のインデックスファンドに1万ドル
投資していたら今では5100万ドルになっている。金に投資してい
たら、はるかに少ない40万ドルにしかなっていない。株のような
(付加価値を生む)生産性ある資産に投資し、金のような生産性の
ない資産に投資しなければ、100倍以上の違いになる。大事なこと
は、生産性に着目することだ。

□ バフェット12歳のときの苦い経験が、いまでも教訓になっている

バフェットは、87歳の今でも、この12歳のときの株投資の失敗を、い
かに苦い失敗だったかという顔つきで、真剣に話します。石油株(シテ
ィサービスという会社)を姉といっしょに買ったのですが、38ドル近辺
で買ったらすぐに37ドルに下がり、それから姉には登校途中にどうする
の?とせっつかれ、太平洋上で米軍敗走とのニュースで悲観色が広まる
中、買値をやや上回ったとき、「これ幸い」とわずかの利益で売ってしま
ったのです。その後、米軍は巻き返し、圧倒的優位な戦況となり、石油
需要が増し石油価格が暴騰する中、シティサービスの株価は200ドルま
で急騰しました。苦労して貯めた100ドルあまりの投資で、5年分の収
入を逃したと、そのときの悔しさを、インタビューでつくづくと語って
います。

そこでの教訓を次のようにバフェットは言っています。「安易に人と一緒
に株を買わないこと。」学校にいっしょに行く途中で、姉が「下がっちゃ
ったけど、どうするの?」とせっつかれ、姉が損するのは申し訳ないと
いう気持ちが先走ったのでしょう。そして「悪いニュースがあるときで
も、株に投資すべきだ」。それが、のちにサラダオイル事件で株価急落し
たアメックス、経営危機に陥ったガイコ、そしてリーマンショックのさ
なかに資本が逼迫したゴールドマン、バンク・オブ・アメリカ、GEキャ
ピタルなどへの巨額投資という形で現れます。幼い頃の体験をいまの教
訓としているところは、「バフェットだからこそ」なのでしょう。

□ バフェットの株の見方は、まさに本質を突く

そして株と金への投資を比較しています。「金の価値はいつまでも変わら
ない」といいますが、これは、まさにインフレに負けないということで、
価値は増えないということを言っているわけです。バフェットがいう
「1942年に1万ドルを米国株全体に投資していたら、いまでは5100万
ドル。金はたったの40万ドル」は、強烈です。これには、金の取り扱い
業者は目を背けるでしょう。この成果の差を、バフェットはものを生み
出す「生産性ある資産か、そうでないか」としています。確かにいつま
でたっても、金は、形は変わらないけれども、何も生み出しません。と
いうことは、価値が増えないものに一生懸命投資しているわけです。ば
かばかしくなってきませんか。

一方で、株は利益を生みます。その利益は、株主に帰属するので、利益
を上げれば上げるほど、株主の取り分は増えるのです。生産性ある資産
というゆえんです。こちらの株のほうがよほどいいですね。

□ いつも長い目で投資を見ていること

自分が12歳のときからいままで76年間の長さで投資成果を測るところ
は、さすがバフェットです。バフェットにすれば、投資の時間軸は永遠
といってもいいのです。ここで、バフェットはこういっています。

「株価欄をよく見たり、FRB(米連邦準備制度理事会)の一挙手一
投足を追ったりする必要はない。これらの判断は生涯の投資という
意味では何の役にも立たない。相場を読み、FRBが1年に3回ある
いは4回利上げするかを追って売買して利益が上がるようなこと
はない。簡単だが一貫した方針で持ち続ける(Stay the course)
ことが大事だ。こうすれば証券会社は干上がる。」

証券会社にすれば、バフェットが言うとおりにやられたら、まさに
飯の食い上げです。軒並みばたばたと倒れるでしょう。いまでも証
券会社が連綿と存続しているのは、投資家に売ったり買ったりさせ
てその手数料を得ているからに他なりません。証券会社が儲からな
いようにすれば、われわれは儲かるともいえます。

そして日々の経済データや株価を読み、頻繁に売買しても利益は出
ないと断言します。「単純だが、一貫した方針で持ち続ける」こと
が、成功の秘訣というのです。それは、76年間S&P500インデック
スファンドを持ち続けることです。多くの人は、日々相場を必死で
読み、売買を繰り返し、心身に悪い思いをしていますが、そんなこ
とをする必要は全くないということです。バフェットは、妻への遺
産の90%をS&P500インデックスファンドにしているということは、
まさに自分のいっていることを体現しているのです。
「Stay the course.」本当にいい言葉です。

―――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

米朝首脳会談への金正恩の動きを見ていると、いままでの北朝鮮の
やり方を踏襲しているという印象が強いです。歴代の西側トップは
この手口にだまされ続けてきたわけですが、トランプはその轍を踏
むまいとの気構えで臨んでいる形です。今回は、金正恩がその反応
を見誤ったというわけで、「首脳会談などしなくていい」といって
いた舌が乾かないうちに、「首脳会談はどうしても必要だ」とのた
まうわけですから、開いた口がふさがりません。まるでスピッツが
ライオンに吠えているようなものです。どうなるのでしょうね。こ
の国は。

――――――――――――――――――――――――――――――

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報 ◆

☆★情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』★☆
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★『月刊ニュースレター』★☆
http://www.bfsc.jp/newsletter/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★おすすめメルマガ『日刊!”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」』★☆
社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介しま
す。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通
じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事
をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html
小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお
金の健康管理をするホームドクターです。

■びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ名   『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』

■発行人サイト  http://www.bfsc.jp/

■発行人     びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■発行責任者   尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ご意見・ご感想 info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2018 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ