トップページ > メールマガジン > 2018/08/27 IFAは真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」ではない

2018/08/27 IFAは真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」ではない

2018/08/27 IFAは真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」ではない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!:No.410(2018.8.27)
■□
□■□           びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                   http://www.bfsc.jp

-IFAは真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」ではない-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・スタンダードの米国証券アナリスト資格「CFA」と、FPの
最上位国際資格「CFP」をもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男で
す。この週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげで、第410号とな
りました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当
のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

■━■━■━■━■
セミナー情報
■━■━■━■━■
限定6名様のセミナーを開催します!
サロン形式で、じっくりとわかりやすくお話します。
お気軽にぜひお越しください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
びとうファイナンシャルサービス代表、尾藤峰男が教える
『こうすればお金の運用で必ず成功する!セミナー』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日時:2018年9月22日(土)15:00~17:00
場所:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル2F リファレンス会議室
JR有楽町駅 中央西口/日比谷口より1分
東京メトロ有楽町線有楽町駅 D2出口連絡
東京メトロ日比谷線・千代田線日比谷駅 A6出口より3分
都営三田線日比谷駅 B1またはB2出口より3分
http://tokyo.re-rental.com/yurakucho/access/
参加費:1,000円(当日支払い)
申込み:メールinfo@bfsc.jp又は電話03-6721-8386にて
「9月22日セミナー参加希望」として、
お名前とご連絡先とご年齢をお知らせください。

-お話しする内容-
● どうしたら株式投資で最も成功するか。
● 本当に正しいお金の運用法とは。
● もっとも効率的にお金を増やす方法とは。
● 国際分散投資はどうやったらいいか。
● よい金融商品の選び方。
● 証券会社や銀行にだまされないために。
● お金に困らない老後の安心を確保するために。
● NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)はどうしたらいいか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのは大変むずかしいです。
預金金利はゼロ、国の年金だけでは足りず、金融機関も利益追求に走っ
ていて、自分自身でしっかりお金を運用する必要がますます高まってい
ます。

このセミナーで、他では絶対に聞けない「お金の運用で必ず成功する方
法」を学びましょう。30年以上の投資経験と資産運用で頂点のグローバ
ル資格を持ち、金融機関とのしがらみが全くない資産運用アドバイザー、
尾藤峰男だから語れる「お金の運用で必ず成功する方法」を伝授します!
ぜひお越しください!

講師プロフィール:
尾藤峰男
びとうファイナンシャルサービス株式会社 代表取締役
「米国CFA協会認定証券アナリスト」「CFP」「日本証券アナリスト協会
検定会員」「1級FP技能士」の4つの最高難度の資格を持つ。金融機関
と全く関係がない資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職
金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。グローバルな
投資理論や外国株投資・国際分散投資に精通。日本経済新聞、週刊東洋
経済、週刊エコノミストなどへ寄稿・コメント多数。
著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」「バフェットの非常識な株主総会」。
2000年びとうファイナンシャルサービス株式会社設立。
投資助言・代理業-関東財務局登録。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-IFAは真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」ではない-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このところSBI証券や楽天証券を中心に、IFA(Independent
Financial Advisor)のPRが盛んに行なわれています。その謳い文句が
「IFAは特定の金融機関に属さないで、独立・中立的な立場から。お
客様利益を第一に考える資産運用アドバイスの専門家」というものです。
しかし、ここにも、皆さんが資産運用のアドバイザーを選ぶときに、注
意しなければならない大事な点が隠されています。今週は、このあたり
をじっくりお話しましょう。

□ IFAは、特定の金融機関に所属する仲介業者

IFAは文字通り、Independent(独立の)という言葉のとおり、さも金融
機関から完全に独立している印象を受けますが、実際は、特定の証券会
社と業務委託契約を結び、そこの商品を仲介する業者です。保険でいえ
ば保険代理店。金融商品仲介業者(IFAのこと)の金融庁登録簿には、
その業者が所属する金融商品取引業者(証券会社を指す)が明記されて
います。仲介業者のサイトに「金融機関に属さない」「金融機関から完全
に独立している」という言葉が踊っていますが、証券会社に所属してい
るのですから、誤表示、虚偽表示といってもよいものです。早急に表記
を訂正してもらいたいものです。

□ 「お客様利益を第一に考えるアドバイス」は表向き。実態は・・・

IFAと契約を結ぶと、IFAが指定する楽天証券やSBI証券に自分
の口座を作る必要があります。逆にIFAが指定する証券会社に口座を
作らないと、IFAとの契約は成り立ちません。金融機関から完全に独
立しているからと思って契約を結ぶ段階になり「えっ?! それでは独
立ではないじゃない?」ということになるわけです。

さらに注意しなければならないのは「それでもネット証券だから手数料
が安い」と思っていると、これも間違った認識です。たとえばIFAを
通じて楽天証券に口座をつくると、IFAがアドバイスする投信や株式
を発注する場合は、通常の手数料とは異なる大幅に高い手数料率が課せ
られます。さらに、楽天証券でIFA経由でなく、自らの取引のために
自分で発注しても、すべてIFA取扱手数料が適用されますので、注意
が必要です。そして手数料の割高な上乗せ分のほとんどが、証券会社か
らIFAにキックバックされるのです。

さて、ここからが重要なポイントです。この手数料はIFAにほとんど
がキックバックされるので、IFAにとっては、手数料を稼いで自らの
収入を多くするため、高い手数料の商品を勧め、売買をより頻繁に行い、
売買手数料を稼ぐインセンティブ(動機)が働きます。昨今は、多くの
従業員を抱え、支社を主要都市に構えるIFA会社もありますから、固
定コストがかさむので、収益を上げるために手数料追求に走り「お客様
利益を第一に考えるアドバイス」ができない状況になってしまいます。
つまり、利用する側にとっては、これまでの証券会社や銀行と取引して
いるのと同じことになるわけです。ここのところは、十分認識しておく
必要があります。

□ 真の「お客様利益を第一に考えるアドバイザー」とは

さらに、ネット証券のサイトには、次のような表現もあります。「米国で
は特定の会社に属さない独立したIFAにアドバイスを受け資産運用を
行なうことが当たり前になっている。」またIFAのサイトにも「IFA
は欧米では、弁護士や税理士と並ぶ地位を確立し、投資家にとって重要
な役割を担っている。」というような表現もあります。これは、自らに都
合のよい表現であり、利用側にとっては誤った受け止め方をしてしまい
ます。米国で弁護士や税理士と並ぶ地位を確立しているアドバイザーは、
その収入をお客様からいただく投資助言料だけを収入にするRIA
(Registered Investment Advisor、登録投資アドバイザー)です。いわ
ゆるフィー・ベースのアドバイザー。日本で言うIFAは米国では確立
した地位はありません。証券会社のセールス(ブローカー)と同じです。
IFAは、米国では、コミッション(手数料)・ベースのアドバイザーと
いわれ、契約するときは、フィー・ベースか、コミッション・ベースか
をしっかり質問し、コミッション・ベースのアドバイザーは避けるべき
というのが、共通認識になっているほどです。真の「お客様利益を第一
に考えるアドバイザー」は、お客様から投資助言料をいただくだけを収
入にする、私どものような、フィー・ベースのRIAだけなのです。
「IFAが米国では弁護士や税理士と並ぶ地位を確立している」は誤っ
た表現です。

2,3年前に、金融庁の担当者に、日本でも金融商品仲介業者のIFAの
ような存在はなくして、RIAだけにしたらといいましたら、「すでに
IFAはたくさんいて生活がかかっているから、いまさらなくすわけに
はいかない」というような話をしていました。これでは金融庁が標榜す
る「顧客本位の業務運営」など、掛け声倒れに終わり、資産運用でも、
他の先進国に遅れ、負のガラパゴスへ突き進んでしまいます。IFA業
者の活動を見ていると、わぁー、わぁー言って、利用者そっちのけで、
お祭り騒ぎをしているだけのような感があります。もう少しレベルの高
いところで「顧客本位の業務運営」を議論したいものです。一方で、一
般利用者はますますこれらの動きに惑わされずに、賢明な判断力を持つ
必要性はますます高まっているといえるでしょう。

―――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

最近話題になっている本、「筋トレが最強のソリューションである」「超
筋トレが最強のソリューションである」を購入して読みました。著者の
筋トレへの入れ込みようは相当なものです。私も、これまではランに比
重がかかっていましたが、このところ筋トレにはまりつつあり、そこへ
この本を読んだので、これからますます筋トレに励みそうです。「筋トレ
をやれば、遊ぶ時間やお金を使う機会がなくなり、心身が健康になり、
万事うまく進む。」これは願ったり、かなったりです。

――――――――――――――――――――――――――――――

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報 ◆

☆★情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』★☆
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★『月刊ニュースレター』★☆
http://www.bfsc.jp/newsletter/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★おすすめメルマガ『日刊!”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」』★☆
社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介しま
す。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通
じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事
をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html
小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお
金の健康管理をするホームドクターです。

■びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ名   『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』

■発行人サイト  http://www.bfsc.jp/

■発行人     びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■発行責任者   尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ご意見・ご感想 info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2018 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ