トップページ > メールマガジン > 2018/11/26 相続対策を考えるより、お金をつくることが先

2018/11/26 相続対策を考えるより、お金をつくることが先

2018/11/26 相続対策を考えるより、お金をつくることが先

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!:No.414(2018.11.26)
■□
□■□           びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                   http://www.bfsc.jp

-相続対策を考えるより、お金をつくることが先-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・スタンダードの米国証券アナリスト資格「CFA」と、FPの
最上位国際資格「CFP」をもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男で
す。この週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげで、第414号とな
りました。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当
のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-相続対策を考えるより、お金をつくることが先-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近相談に来る人の話を聞いていると、自分が死んだときの相続税のこと
を心配して、いまから相続対策をしておこうとする人がかなりいます。
実際に相続を経験し、その相続税の高さに驚いて、いまから対策を立てて
おこうという気持ちになるのはわかりますが、その前に大事なことを見落
としています。まずはお金をつくることが先ということです。そのあたり
をじっくりと見てみましょう。

□ 国の世代間資産移転優遇税制の活用は懐との相談を

住宅資金の贈与税非課税制度では、子や孫に住宅取得資金を贈与する場合、
最大3000万円まで非課税とする制度があります。また教育資金でも、子や
孫に教育資金を贈与する場合、1500万円まで贈与税を非課税とする制度が
あります。これらの制度は世代間資産移転促進のために国が設けたもので
すが、この制度には、見落とされがちな微妙な問題があります。

まず第一点は、子や孫に贈与するのはよいことですが、自分の老後の懐具
合を十分考えて実行するべきということです。お金を上げたのはいいが、
しばらく経ってみたら、自分の懐が寂しくなっていたのでは困ります。
まさか少し返してくれとはいえないでしょう。

もう一つの見えにくい問題点は、果たして子どもが親のお金を当てにする
ことがいいのかということです。もちろんほどほどのお金を贈与すること
はいいことですが、1000万円単位の大きなお金を一度にもらえるのであれ
ばそれをあてにして、積み立てなどして資産形成に励もうという気持ちに
はマイナスに働くでしょう。

□ 相続対策は、その実行時期をよく考えて

生命保険のセールスでよく相続対策がセールス文句に使われますが、今の
ように保険の予定利率が0.4%というような歴史的に非常に低いときに保険
に入ってしまいますと、大変なことになります。たとえば35歳の男性が終身
保険に入り、平均寿命の82歳で亡くなると、保険料1000万円の一時払いで
受け取る保険金は1015万円で、利回りは0.03%。その間5%で運用すれば
1億円になります。生命保険では、相続人が1015万円受け取るわけですが、
運用して得た1億円で約300万円の相続税(配偶者と子ども2人のケース)を
払っても、残りは9700万円。どちらが相続人は喜ぶでしょう。このように
相続対策に保険を選ぶケースが、賢く資産運用しているより圧倒的に多い
のです。

見落としてはいけないことは、自分がなくなる数十年前(20年~)から相続
対策などといって相続税の節税に目が行っている間に、お金を増やす機会を
どんどん失っているということです。相続対策は、自分がなくなる5年から
10年前程度で考えればいいのです。

また相続対策として、借入をして土地に貸しアパートを建てて相続財産価値
を減らすなどということも流行っていますが、これも非常に危ないです。
土地の減価、空室のまま入らない、借入金利は増えるなどの大きなリスク
があり、受け取った相続人が、かえって苦労するということもよく聞きます。

生命保険会社や不動産業者による相続対策を謳うセールスは、彼らの重要な
販売戦略であることは肝に銘じておくべきでしょう。

□ 実際に相続税がどの程度かを知っておくべき

相続税の控除限度額が引き下げられたから、相続税が大幅に増えたと考えて、
相続税対策に走る平均的な所得の人がたくさんいますが、ここで一体相続税
はどの程度かを確認しておくのは賢明です。たとえば1億円の相続財産を配
偶者と子ども2人が相続すると、3人の相続税は315万円。税率は3.15%です。
2億円で1350万円、6.75%。1億円で子ども2人では770万円で7.7%。2億円で
3340万円、16.7%。高額所得で50%にも及ぶ所得税率や金融商品取引の20%
源泉税率に比べれば低いのです。

□ もっとも賢明な相続対策は

ここで皆さんにもっとも賢明な相続対策をお知らせしましょう。これを実行
している人が少ないのは驚くほどです。年110万円まで贈与する場合に、贈与
税非課税の制度があるのは、皆さんご存知でしょう。これを自分の懐具合と
相談しながら、フルに活用するのです。子や孫に、その人数分まで限度額の
110万円を毎年贈与して、年数が重なれば、驚くほどの額になります。たと
えば110万円×20年で2200万円。これを子や孫3人に実行すれば6600万円に達し
ます。そしてこれをジュニアNISAやNISAの非課税制度をフルに活用
するのです。要は、お金を上げるときは非課税、受け取った側も非課税で運用
でき、非常に効率よく世代間資産移転ができるわけです。そしてこれを20年、
30年と運用すれば、相続税を一銭も払わずに2倍、3倍に資産は増えていくこと
でしょう。そして受け取った側は、本当にいいことをしてくれたと喜ぶのです。
これがもっとも賢明な相続対策です。

―――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

ビットコインの下落振りは強烈です。先週末4300ドル。1年足らず前の昨年
12月には19700ドルの高値をつけました。JPモルガンのトップ、ダイモン
CEOはビットコインを「詐欺」、世界最高の投資家、バフェットは
「蜃気楼」と言っています。また「ねずみ講」という論者もいます。
「君子危うきに近寄らず」ですね。

――――――――――――――――――――――――――――――

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報 ◆

☆★情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』★☆
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★『月刊ニュースレター』★☆
http://www.bfsc.jp/newsletter/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★おすすめメルマガ『日刊!”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」』★☆
社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介しま
す。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通
じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事
をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html
小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
40年の長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお
金の健康管理をするホームドクターです。

■びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ名   『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』

■発行人サイト  http://www.bfsc.jp/

■発行人     びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■発行責任者   尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ご意見・ご感想 info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2018 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ