トップページ > メールマガジン > 2010/05/31 上場投資信託(ETF)No.1

2010/05/31 上場投資信託(ETF)No.1

2010/05/31 上場投資信託(ETF)No.1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.101(2010.5.31)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第101号となりました。ご愛読いただき感謝しています。 

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!CFA&CFPの
びとう@BFSがわかりやすくお話していきます。 

ぜひ、ご期待ください!!  

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。 

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろのお金についての疑問や悩みを尋ねてみませんか? 

─────────────────────────────────── 

■	投資信託の種類 

           ―上場投資信託(ETF)No.1― 

─────────────────────────────────── 

このメルマガは、投資信託編となりました。皆さんの資産形成にとって投資信
託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマガで勉強してくださいね。 

さて、前回に続き、投資信託には、どういう種類の投資信託があるかを、お話
しましょう。そして、皆さんが購入するには、どういう投資信託がいいかも、
お話します。じっくり読んでみてくださいね。繰り返しますが、証券会社や銀
行は、利用者の利益に立った説明は、しませんよ。これは、くどいほどこれま
でもお知らせしていますが、ぜひ肝に銘じておきましょう。 

□ 上場投資信託(ETF)とは-株と同じように取引できる 

上場投資信託は、取引所に上場されているため、そのように呼ばれます。英語
ではExchange Traded Fund といい、ETFと呼ばれているのは、その頭文字をと
ったものです。上場しているということは、何を意味するのでしょう。上場し
ている株式と同じように、取引できるのです。オープン型投資信託の場合、そ
の日の基準価格(1日一つの価格)でのみ取引ができますが、上場投資信託の
場合、その価格は株価と同じように取引時間中は常に変動していて、取引時間
中は、まさに株と同じように取引できます。 

□	上場投資信託は、株価の主要指数に連動するインデックス型が多い 

上場投資信託は、例えば、日経平均連動、東証株価指数連動、エマージングマ
ーケット指数連動、香港H株指数連動、ニューヨークダウ連動というように、
主要株価指数に連動する上場投資信託がほとんどです。もちろん、外国では、
主要債券指数に連動する上場投資信託もでていて、日本でもその一部は購入で
きます。 

□	上場投資信託のパフォーマンスは、どうか 

上場投資信託のパフォーマンスはどうかといいますと、指数どおりに動くとい
うことです。その意味では、上がり幅でパフォーマンスがいいとか悪いとかと
いう視点は、多少ずれていて、指数どおりに動けば、その上場投資信託のパフ
ォーマンスは優れているということになります。その意味では、積極型が、ベ
ンチマークとなる指数を上回る運用成果を目指すのとは対照的です。そして、
積極型の場合は、ベンチマークを大幅に上回れる成績を上げれば、下げても上
げても、どちらでも評価されるということです。 

パフォーマンス評価の考え方が、上場投資信託と積極運用型投資信託では、全
く違うということは、覚えておくとよいでしょう。 

□ 上場投資信託と積極運用型投資信託のどちらがいいか 

指数どおりに動くのでは、なにか地味でつまらないと思う人も多いかと思いま
すが、皆さんに、ここで、5月10日号(No.98)でお話したことを、もう一度
お話しましょう。といいますのは、いい成績を上げようとして一生懸命がんば
る「積極運用型」の投資信託のほとんどが、市場平均に勝てないという事実で
す。 

であれば、指数(市場平均)どおりに動く上場投資信託に投資した方が、積極
型投資信託に投資するより、よほどいいということなのです。何年にもわたっ
て、積極運用型投資信託がベンチマークとなる指数を上回るということは至難
の業です。別の面からみれば、投資信託での資産運用は、老後の資金つくりな
ど資産運用の重要な部分を占めていて、さらに10年~20年の長期にわたる期間
が必要になります。 

であれば、積極型運用の投資信託を選んで、その資産運用のツールに利用する
ということは、ベンチマークよりいい成績にならない可能性のほうが大きいの
であれば、あまり合理的ではありません。なぜならば、おそらくほとんどの積
極型運用の投資信託がその期間であれば、ベンチマークに勝てないからです。 

その意味で、上場投資信託が、老後の資金つくりのための資産運用などに利用
すべき価値は高いものがあるわけです。上場投資信託は、長い目で見れば、同
じ種類の運用をする積極型投資信託に比べ、長期で見ればほとんどがいい成績
を上げるといってよいでしょう。 

さて、次回は、上場投資信託のNo.2として、税金面でのメリット、コストの優
位性、資産運用への賢い利用法などをお話しましょう。楽しみにしていてくだ
さいね!! 

今週のメルマガはいかがでしたか?感想・意見など聞かせてください。これか
らも、もっと皆さんが知らない、それでいてどうしても知っておくべき投資信
託のお話をしていきます。 

どうぞお楽しみに!! 

=================================================================== 

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー: 

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?
info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。 

=================================================================== 

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身
の濃い情報を紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげて
くださいね。 

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!  

─────────────────────────────────── 

編集後記: 

編集後記は、このごろ政治の話が多くなっていますが、やはり鳩山首相の発言
の軽量レベルには、恐れ入ります。結局、辺野古に落ち着き、その方式もどう
も埋め立て方式が濃厚です。「辺野古沖の埋め立ては自然への冒涜」とつい1
ヶ月前に強調していた、その埋め立て方式です。自民党案にまさに逆戻りです。 

建設方式については8月までに決めるといっていますが、これも参議院選挙前
に決めれば、大きく票を減らすことを恐れているからでしょう。 

民主党政権になって、何かいいことがあったといえば、こども手当てと高速道
路の料金の割引程度。これも不十分かつ今後の方向性はあやふや。年金問題も
いつのまにか、水面下に潜伏。あらゆることが、不十分で心もとない状態です。
鳩山首相が就任直後、国連で演説した「温暖化ガス25%削減」も国内で具体
的実行計画を真剣に議論しているようには見えません。「アジア共同体構想」
も、どこへ行ってしまったのでしょう。 

1年もしないうちに首相が変わるのは、海外から見れば物笑いの種ですが、こ
の状態では、「交代論が出てくるのは、無理もない」ということになるのでし
ょうか。 

─────────────────────────────────── 

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

─────────────────────────────────── 

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー 

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。 

皆さんに、こんなことはありませんか。 

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。 

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。 

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp 

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません! 

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。 

Copyright (C) 2010 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★ 

社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。 

会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。 

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガとのことです。購読登録はこちらからどうぞ! 

http://www.mag2.com/m/0000230023.html 

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ