トップページ > メールマガジン > 2010/07/05 金利と時間の関係(長期の金利は短期よりなぜ高いか)

2010/07/05 金利と時間の関係(長期の金利は短期よりなぜ高いか)

2010/07/05 金利と時間の関係(長期の金利は短期よりなぜ高いか)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.106(2010.7.5)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーの尾藤 峰男です。このメールマガジンは、
おかげさまで第106号となりました。ご愛読いただき感謝しています。  

--------------------------------――――  

—おかげさまで、10周年!—
さて、弊社は本日を持ちまして、おかげさまで10周年を迎えることができま
した。その間のマーケットは内外とも厳しい環境の連続で、よくここまで来ら
れたものだと内心感慨深いものがあります。これもひとえに、お客様はじめた
くさんの皆様の温かいご支援とご指導があったからこそと、深く感謝しており
ます。  

—拙著『今こそはじめよう 外国株投資入門』来週12日発刊!—
今月12日に、拙著「今こそはじめよう 外国株投資入門」(日本経済新聞出
版社)が発行されます。ぜひお手にとってご覧いただければ幸いです。実はこ
の本は、外国株投資だけでなく、現在の日本の株式市場や企業のコーポレート
・ガバナンス、株式のパフォーマンスを外国と対比し、日本の現状の問題点を
浮かび上がらせたもので、日本の株式市場を巡る根深い、深刻な課題を把握す
る上でも役に立つ本です。  

--------------------------------――――  

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!CFA&CFP
の尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。  

ぜひ、ご期待ください!!   

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。  

メルマガの最後には、質問コーナーもあります。ご質問は無料ですので、お気
軽に日ごろのお金についての疑問や悩みを尋ねてみませんか?  

───────────────────────────────────  

■	メルマガ『債券』編  

    ―金利と時間の関係(長期の金利は短期よりなぜ高いか)―  

───────────────────────────────────  

このメルマガは、『株式』編、『投資信託』編と続き、今回より、いよいよ
『債券』編となります。このメルマガのタイトルにあるように、このメルマガ
を毎週読めば、資産運用の成功に導いていくということをきっと実感できるこ
とでしょう。どの金融機関にも属さず、どの運用会社にも気を使う必要はない、
完全独立のファイナンシャル・プランナーだから書けることがあります。これ
からも、『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』に答えるメルマガに
していく覚悟です。どうぞご期待ください!!  

さて、いよいよ『債券』編に入りました。その第3回目は、金利と時間の関係
です。皆さん、短期金利と長期金利では、どちらが低く、どちらが高いでしょ
う?一般的には、短期金利が低く、長期金利が高いこととなっています。10
年国債の利率は、1.0%程度ですが、3ヶ月の短期国債の金利は0.11%
程度です。では、どうして短い期間の金利が低く、長い期間の金利が高いので
しょう。一般にはこれが当たり前と思っていますが、どうしてそうなのかは、
なかなか説明しにくい部分です。これを説明する考え方をいくつかあげること
ができます。  

□ 時間が先なほど、将来の見通しが見えにくいから、そのリスクの分の金利
が上乗せされる  

これは面白い考え方だと思いませんか。3ヶ月先と10年先では、日本がどう
なっているかを見通す場合に、3ヶ月先のほうが10年先より見通しやすいで
すね。一方10年先に、今の日本がどうなっているかは、見通しにくい部分が
ある。もしかしたら、日本は財政破綻しているかもしれない。そのようなこと
から、現在の10年の金利に、そのリスクの分を上乗せして要求してくるとい
う考え方です。  

この考え方は、なかなか的を射ています。  

□	先の金利がどうなっているかわからないから、時間が先の金利はその
分の見返りを要求する  

これは、先の、将来見通しが見えにくいに関連するものですが、特に金利に関
して、時間が先になればなるほど、債券を売る時にいくらで売れるか見通しが
見えにくくなるため、そのリスクの分の金利を要求するということです。先に
なればなるほど、債券がいくらで売れるかわからないから、債券の金利を上乗
せしろというわけです。  

□	他の長さの期間の債券に移るのに、プレミアム(上乗せ金利)を要求
する  

皆さんが、住居を道路工事か何かで、立ち退きを命じられた場合、ただで動き
ますか。立ち退き料というものをほしいと思いませんか?たとえば、5年の債
券を好んで持っている人が、10年の債券を買わないかといわれた場合に、特
に好んでもいない10年の債券を買うのであれば、特別な上乗せ金利を要求す
るという行動に出るという考え方です。  

これは、少し特別な考え方にも思えますが、わからないではありません。  

次のような考え方もあります。  

□ 借りる側(債券発行側)と貸す側(債券購入側)の需要と供給で決まる  

借りる側はある特定の期間の借り入れ(債券の発行)を求めているわけだが、
貸す側は別の期間の資金の供給(債券の購入)を探している。多くの二つの関
係のグループがいて、その中で折り合いをつけるため、いわば競りのような形
で、金利を決めるというわけです。ですから、各期間の金利は独立して決まり、
他の期間とは全く関係なく、需要と供給の関係が成り立っているというわけで
す。この考え方も面白いですね。要するに、長い期間の貸し出しの需要は少な
いから、金利は高いというわけです。  

4つの考え方とも、これまで当たり前のように、長い期間の金利は高いものだ
と思っていても、なぜ高いかが説明できなかった部分を、説明しているもので
す。どれが絶対的に正しいというより、どれもが成立する考え方というように
考えるとよいでしょう。  

今週のメルマガ、いかがでしたか。日本の金利は、国債でも3ヶ月で0.11
%、10年で1.0%程度と非常に低い水準で、金利に対する関心が薄れてし
まっているように思います。一昔前、5年の利付金融債の金利が、8%という
時代もあったのです。今の金利がいってみれば、異常ともいえるのですが、こ
の低金利が長く続いているため、金利に対する感覚が麻痺してしまうのを、私
はおそれます。  

さて、次週号は、債券と株式は両方とも資金を調達するものだが、どういう違
いがあるかをお話します。それでは皆さん、来週以降のメルマガ「債券」編を、
是非ご期待ください!!  

===================================================================  

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:  

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?
info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。  

===================================================================  

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身
の濃い情報を紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげて
くださいね。  

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!   

───────────────────────────────────  

編集後記:  

前述いたしましたが、当社はおかげさまで10周年を迎えました。10年とい
えば、人の人生でも実働期間としては、かなりの期間です。実に感慨深いもの
があります。  

創業当時の2000年7月は、日経平均が17398円、ニューヨークダウが
10614ドルでした。10年たった今、いずれも当時を下回っているという
事態です。日本の状況は誰もが知っていることですが、ニューヨークダウも、
10年前より安いということは、知らない人が多いでしょう。  

今後も、金融機関から完全に独立した、お客様利益を最優先するファイナンシ
ャル・アドバイザーとして、お客様の将来への不安を取り除き、人生を安心し
て過ごしていただくパートナーとなるよう、鋭意努力精進していく覚悟です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。  

───────────────────────────────────  

拙著『今こそはじめよう 外国株投資入門』(日本経済新聞出版社)
7月12日発売!!  

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html  

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html  

───────────────────────────────────  

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー  

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。  

皆さんに、こんなことはありませんか。  

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。  

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。  

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp  

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!  

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。  

Copyright (C) 2010 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★  

社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。  

会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。  

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガとのことです。購読登録はこちらからどうぞ!  

http://www.mag2.com/m/0000230023.html  

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ