トップページ > メールマガジン > 2010/07/19 債券の発行体には、どういうところがあるの?

2010/07/19 債券の発行体には、どういうところがあるの?

2010/07/19 債券の発行体には、どういうところがあるの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.108(2010.7.19)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーの尾藤 峰男です。このメールマガジンは、
おかげさまで第108号となりました。ご愛読いただき感謝しています。
--------------------------------―――― 

☆★☆拙著『今こそはじめよう 外国株投資入門』好評発売中!!☆★☆
7月16日に、拙著「今こそはじめよう 外国株投資入門」(日本経済新聞出
版社)が発行されました。アマゾンでは、現在品切れとなっていますが、一時
的ですので、ぜひ予約注文していただくか、書店でお手にとってご覧いただけ
れば幸いです。 

実はこの本は、外国株投資を始めるためばかりでなく、現在の日本の株式市場
や企業のコーポレート・ガバナンス、株式のパフォーマンスを外国と対比し、
日本の重大な問題点を浮かび上がらせたもので、日本の株式市場を巡る根深い、
深刻な課題を把握する上で役に立つ本です。 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532354250/bfsbookintro-22/ref=nosim 

☆★☆『いまこそ始めよう外国株投資入門』出版記念セミナー申し込み受付中☆★☆
『いまこそ始めよう外国株投資入門』の出版を記念しまして、8月7日に、
著者の尾藤が講師としてセミナーを開催いたします。 

当セミナーでは、この本に書かれている内容を著者の尾藤がわかりやすく説
明し、外国株投資の魅力をふんだんに語ります。きっと日本株とはずいぶん
違う世界をお知りになることでしょう。 

この本は、実は日本の企業、金融機関、あるいは政府に対するアンチテーゼ
的意味合いを込めた書でもあります。いかに日本の株式市場が個人投資家を
虐げているか、日本に投資していると海外の株式市場に比べていかにパフォ
ーマンスが悪いかなど、突っ込んで書いています。このあたりのこともじっ
くりセミナーでお話します。きっと今後の株式投資や資産運用の参考にして
いただけると思います。 

質問の時間も十分設けて、どんなことにでもお答えします。日ごろの疑問を
ぶつけて見てください。  

万障お繰り合わせの上のお越しを、心よりお待ちしております。 

日時:2010年8月7日(土) 15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室カンファレンスルーム4
(旧:TKP日比谷帝劇ビル会議室)
アクセス:http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
参加費:1500円(当日お支払い後『いまこそ始めよう外国株投資入門』を
差し上げます。当書籍をご持参いただいた方は、参加費無料です。当日は当書
籍を資料として利用する予定です。)
お申し込み方法:以下のメール宛にご氏名・住所・電話番号を記入いただき
「セミナー参加希望」としてお送りください。
送付先メールアドレス:info@bfsc.jp
(お問い合わせ先 びとうファイナンシャルサービス 03-6721-8386)
定員:先着48名 

--------------------------------―――― 

このメルマガでは、大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかり
その成功へのステップを毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!CFA&
CFPの尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。 

ぜひ、ご期待ください!!  

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。 

メルマガの最後には、質問コーナーもあります。ご質問は無料ですので、お気
軽に日ごろのお金についての疑問や悩みを尋ねてみませんか? 

─────────────────────────────────── 

■	メルマガ『債券』編 

    ―債券の発行体には、どういうところがあるの?― 

─────────────────────────────────── 

このメルマガは、『株式』編、『投資信託』編と続き、今回より、いよいよ
『債券』編となります。このメルマガのタイトルにあるように、このメルマガ
を毎週読めば、資産運用の成功に導いていくということをきっと実感できるこ
とでしょう。どの金融機関にも属さず、どの運用会社にも気を使う必要はない、
完全独立のファイナンシャル・プランナーだから書けることがあります。これ
からも、『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』に答えるメルマガにし
ていきます。どうぞご期待ください!! 

さて、『債券』編の第5回目は、債券の発行体には、どういうところがあるかと
いうところをお話しましょう。日本の個人の皆さんが買える債券には、さまざ
まな発行体があります。なお、そもそも発行体とは何かといいますと、債券発
行により資金を手に入れることができる借主のことです。発行体などとかっこ
いい名前を使っていますが、要は借り手です。 

そこで、ここでは、一挙に発行体を並べてみましょう。 

□ 発行体にも、さまざまな発行体がある。 

まず、日本国内では、国、地方自治体、政府機関、企業、金融機関があります。
大体こんなところです。そして、海外の発行体もありますね。国、州政府、地
方自治体、政府機関、世界銀行やアジア開発銀行などの国際機関、企業、金融
機関などです。なお擬似発行体のような、不動産やローンを担保とするような、
資産担保証券のようなものもあります。 

国といえば、まさに日本国政府、地方自治体は、東京都とか大阪府や横浜、さ
いたま市など政令指定都市もよく見ますね。企業といえば東京電力、東京ガス、
NTT、JRなどはおなじみです。一般の事業会社も社債として、発行しますね。
政府機関は、日本政策金融公庫が代表的です。 

海外の発行体も、海外政府や世銀、米州開発銀行などの国際機関、政府機関な
どが日本で円建て外債を発行したり、海外で発行した外貨建て債を日本で販売
したりしておなじみです。何年か前に、アルゼンチン国債が日本で債務不履行
になったのは、記憶に新しいところです。IBMやシティバンクなどの企業も日
本で債券を発行しています。 

そこで、今回は特に、国(日本や外国政府)という発行体について、考えて見
ましょう。 

□	国という発行体 

さて国は、最も信用度が高いと思っていませんか?たとえば、日本のどの企業
よりも信用度が高いと。また、日本の国債であれば安全と思っていませんか?
国ですから、貸したお金が返ってこないということはないだろうと・・・。確
かにある面ではそうなのです。国が借りたお金を、円であれば返せないという
ことはないのです。「何で円だけ?」 

よく気がつきました。「円であれば」・・・。ここに奥が深い、また恐ろしいス
トーリーが展開されるのです。なにやら、夏の幽霊話のようになりますが、そ
のくらい怖い話ということを忘れてはいけません。 

□	国が国債の借金を返せないということはない 

なぜでしょう?返せないということはない、とは。種明かしをしますと、国は
借金が返せなくなる恐れがあった場合には、税金を上げれば収入が増え、それ
を借金返済に回せるからです。今回の民主党の参議院選挙敗北の原因に、消費
税の10%上げ問題がありました。このように、国民は税金が上がるとなると
強硬に反対しますが、国がにっちもさっちも行かなくなれば、税金を上げざる
を得ないのです。そして、そこに活路を見出さなくてはなりません。そうなの
です。徴税権が国の信用力のバックにあるのです。 

要は返せなくなる前に、税金を上げるということです。 

□	国の借金の金利が上がると 

あまりにも国の財政が厳しくなり、国債発行が増えてくると、借り入れ金利が
上がらざるを得なくなります。いまのように、金融機関や年金がたくさん国債
を買っている場合には、需要が強く金利を上げる必要はありませんが、いよい
よこれらの買い入れ先だけでは持たなくなり、海外に活路を見出すなどとなる
と、海外からは「もっと金利を上げろ」となってきます。さて、そこからが、
怖い話の始まりです。 

国債の金利が上がると、新たに出てくる国債の金利が上がるだけであれば、い
いのですが、これまで発行された国債の金利も上がるのです。おっとと。ちょ
っと、むずかしくなってしまいました。固定金利で発行されていた国債の金利
が上がるということはないのですが、実質的に金利が上がるように、調整がさ
れるということです。その調整は、その国債の価格が下がることによってなさ
れます。 

要するに、国債だから安心ということはないということです。金利が上がれば、
持っている国債の価格は下がるため、評価損やその時売ろうと思えば実現損ま
で出るということです。 

さて、この続きは、まだまだ奥が深いので、来週号以降にいたしましょう。 

今週のメルマガ、いかがでしたか。それでは皆さん、来週以降のメルマガ「債
券」編を、是非ご期待ください!! 

=================================================================== 

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー: 

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?
info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。 

=================================================================== 

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身
の濃い情報を紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげて
くださいね。 

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!  

─────────────────────────────────── 

編集後記:
日本株の不振には、目を覆うものがありますね。このごろは、わたしのようなプ
ロでも、動きに活力がないし方向感もいったりきたりで、面白くないため、あま
り見なくなりました。どうしてこうなのでしょう。はっきりいいますと、いくら
日本株だけやっていても、ずるずる深みに入るだけで、財産を失う危険が大きい
です。 

「いまこそ始めよう外国株投資入門」は日本の皆さんに新たな活路を開いていた
だくために、上梓しました。皆さん、日本人には、このあたりにしか、資産運用
の面での活路はありません。ぜひ拙著「いまこそ始めよう外国株投資入門」を手
にとっていただければ、やはりそうだったかという思いを強くすることでしょう。 

─────────────────────────────────── 

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

─────────────────────────────────── 

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー 

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。 

皆さんに、こんなことはありませんか。 

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。 

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。 

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp 

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません! 

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。 

Copyright (C) 2010 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ