トップページ > メールマガジン > 2010/07/26 国債だから安心などといっていられない

2010/07/26 国債だから安心などといっていられない

2010/07/26 国債だから安心などといっていられない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.109(2010.7.26)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーの尾藤 峰男です。このメールマガジンは、
おかげさまで第109号となりました。ご愛読いただき感謝しています。
--------------------------------―――― 

☆★☆拙著『今こそはじめよう 外国株投資入門』好評発売中!!☆★☆
     —–丸善丸の内オアゾでランクイン!!—– 

7月16日に、拙著「今こそはじめよう 外国株投資入門」(日本経済新聞出
版社)が発行されました。丸善丸の内オアゾ本店では、7月16日~7月22日
ビジネス書で7位にランクされています。アマゾンでは、現在品切れとなってい
ますが、一時的ですので、ぜひ予約注文していただくか、書店で手にとってご覧
いただければ幸いです。 

実はこの本は、外国株投資を始めるためばかりでなく、現在の日本の株式市場
や企業のコーポレート・ガバナンス、株式のパフォーマンスを外国と対比し、
日本の重大な問題点を浮かび上がらせたもので、日本の株式市場を巡る根深い、
深刻な課題を把握する上でも役に立つ本です。 

「今こそはじめよう 外国株投資入門」(日本経済新聞出版社)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532354250/bfsbookintro-22/ref=nosim 

☆★☆『いまこそ始めよう外国株投資入門』出版記念セミナー申し込み受付中☆★☆ 

『いまこそ始めよう外国株投資入門』の出版を記念しまして、8月7日に、
著者の尾藤が講師としてセミナーを開催いたします。 

当セミナーでは、この本に書かれている内容を著者の尾藤がわかりやすく説
明し、外国株投資の魅力をふんだんに語ります。今後の日本の状況を考えると、
外国株の投資機会を取り込んでいく必要性は、ますます高まってくると考えら
れます。 きっと、このセミナーで、なかなか上がらない日本株とはずいぶん違
う世界を知ることになるでしょう。 

この本は、実は日本の企業、金融機関、あるいは政府に対するアンチテーゼ
的意味合いを込めた書でもあります。いかに日本の株式市場が個人投資家を
虐げているか、日本に投資していると海外の株式市場に比べていかにパフォ
ーマンスが悪いかなど、突っ込んで書いています。このあたりのこともじっ
くりセミナーでお話します。きっと今後の株式投資や資産運用の参考にして
いただけると思います。 

質問の時間も十分設けて、どんなことにでもお答えします。日ごろの疑問を
ぶつけて見てください。  

日時:2010年8月7日(土) 15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室カンファレンスルーム4
(旧:TKP日比谷帝劇ビル会議室)
アクセス:http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
参加費:1500円(当日お支払い後『いまこそ始めよう外国株投資入門』を
差し上げます。当書籍をご持参いただいた方は、参加費無料です。当日は当書
籍を資料として利用する予定です。)
お申し込み方法:以下のメール宛にご氏名・住所・電話番号を記入いただき
「セミナー参加希望」としてお送りください。
送付先メールアドレス:info@bfsc.jp
(お問い合わせ先 びとうファイナンシャルサービス 03-6721-8386)
定員:先着48名 

--------------------------------―――― 

このメルマガでは、大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかり
その成功へのステップを毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!CFA&
CFPの尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。 

ぜひ、ご期待ください!!  

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。 

メルマガの最後には、質問コーナーもあります。ご質問は無料ですので、お気
軽に日ごろのお金についての疑問や悩みを尋ねてみませんか? 

─────────────────────────────────── 

■	メルマガ『債券』編 

    ―国債だから安心などといっていられない― 

─────────────────────────────────── 

このメルマガは、『株式』編、『投資信託』編と続き、今回より、いよいよ
『債券』編となります。このメルマガのタイトルにあるように、このメルマガ
を毎週読めば、資産運用の成功に導いていくということをきっと実感できるこ
とでしょう。どの金融機関にも属さず、どの運用会社にも気を使う必要はない、
完全独立のファイナンシャル・プランナーだから書けることがあります。これ
からも、『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』に答えるメルマガに
していきます。どうぞご期待ください!! 

さて、前回のメルマガで「国が国債の借金は返せないということはない」とお
話しましたが、そこに「円であれば」という条件をつけたことを覚えています
か。 

国はいくらでも税金を上げることができる徴税権のほかに、国はいくらでも円
を発行できます。そのため、「円であれば」国債の借金を返せないということ
はないわけです。 

□  国が、外貨で借りると返せなくなることがある 

ところが、たとえば米ドルなど外貨で借りていると、返せなくなることがあり
ます。数年前、アルゼンチンが日本で発行した円建て債が、債務不履行になり
ました。なぜ、そうなるのでしょう。それは、自国の通貨であれば、インフレ
になろうが外国通貨に対して通貨価値が下がろうが、構わずにいくらでも円を
発行して返済にまわせるのですが、外国通貨で借りている場合、外国通貨で返
済しなければならないため、円の通貨価値が大幅に下がると、返済する分の外
貨を調達することが苦しくなるからです。 

□	国債で大損することがある 

国債を買っていれば安心だと思っていたら、それは飛んだ了見違いといわなけ
ればなりません。特にいまのように、GDPの2倍にもなろうとする国債などの
公的債務残高から見ると、いつ国債の価格が暴落するか、大変懸念されます。 

皆さんの中には、どうして国債を買って損をするのかわからないという人もい
るでしょう。債券は最後まで持っていれば、元本は返ってくるのだから、損を
することはないだろうと考える人もいることでしょう。 

しかし、国債で大きく損をすることがあるのです。たとえば、太平洋戦争末期
の1945年1月から1951年9月までの6年9ヶ月の間に、実に東京の卸
売物価は142倍にもなっているのですが、この間国債の価格は、暴落しまし
た。それは、物価上昇とともに、金利が暴騰したからです。金利が暴騰すれば
債券の価格は暴落です。 

また、物価が暴騰すれば以前の貨幣価値が大幅に下がるため、物価が140倍
にもなれば、100万円の価値があるとして買った国債が、満期になって額面
金額を受け取っても、140倍もの物価上昇後の実質的な価値は、140分の
1になってしまうのです。 

このように、国債を持っていれば安心ということはないのです。しかし、国に
してみれば国内で国債を発行している限り、物価が上昇してしまえば、過去の
国債の返済は楽になるということになり、好都合なわけです。 

読者の皆さん、これからはますます国債のリスクに注意を払ったほうがいい状
況になりつつあります。国債だから安心という時代ではなくなってきているの
です。 

今週のメルマガ、いかがでしたか。それでは皆さん、来週以降のメルマガ「債
券」編を、是非ご期待ください!! 

=================================================================== 

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー: 

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?
info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。 

=================================================================== 

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身
の濃い情報を紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげて
くださいね。 

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!  

─────────────────────────────────── 

編集後記: 

日本国債は、残高600兆円。95%が国内で消化されていて、金融機関が融
資先に資金を回さず、もっぱら国債に資金をつぎ込んでいるため、現在でも国
債金利は大変低くなっていますが、それも長くは続かないでしょう。国債残高
が増え、いよいよ国内だけでは消化しきれなくなり、海外に消化先を求めると、
海外の投資家からはもっと高い金利を要求されます。 

そうなりますと、金利の急上昇、国債価格の暴落という道筋が見えてきます。
このようなことは、決して絵空事ではなく、何が起こっても驚かない、心の準
備と実際の防御策が必要です。 

─────────────────────────────────── 

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html 

─────────────────────────────────── 

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー 

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。 

皆さんに、こんなことはありませんか。 

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。 

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。 

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp 

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません! 

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。 

Copyright (C) 2010 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ