トップページ > メールマガジン > 2021/03/22 「ここまで上がったら、売ったほうがいいのでは?」

2021/03/22 「ここまで上がったら、売ったほうがいいのでは?」

2021/03/22 「ここまで上がったら、売ったほうがいいのでは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!:No.457(2021.3.22)
■□
□■□           びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                   http://www.bfsc.jp

-「ここまで上がったら、売ったほうがいいのでは?」-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・スタンダードの米国証券アナリスト資格「CFA」と、FPの
最上位国際資格「CFP」をもつ公認投資助言者(RIA)の尾藤峰男です。
この週刊メールマガジンは、読者の皆様のおかげで、第457号となりま
した。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、そ
の成功へのステップを私、尾藤峰男がわかりやすくお話していきます。
金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に
役に立つ情報をお届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当
のことを教えて!』に答えるメルマガにしていきます。

ぜひ、ご期待ください!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
メールマガジン発行者プロフィール:

尾藤峰男 公認投資助言者(RIA)
びとうファイナンシャルサービス株式会社 代表取締役
「米国CFA協会認定証券アナリスト」「CFP」「日本証券アナリスト協会認
定アナリスト」「1級FP技能士」の4つの最高難度の資格を持つ。金融
機関と全く関係がない資産運用アドバイザーとして、投資助言料のみで
個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提
供する。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資に精通。日
本経済新聞、週刊東洋経済、週刊エコノミスト、ダイヤモンドなどへ寄
稿・コメント多数。日経CNBC、テレビ東京などにも登場。著書に「いま
こそ始めよう 外国株投資入門」「バフェットの非常識な株主総会」。
2000年びとうファイナンシャルサービス株式会社設立。
投資助言・代理業登録-関東財務局(金商)第905号
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-「ここまで上がったら、売ったほうがいいのでは?」-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちょうど1年前、日米の株価はコロナウィルスの感染拡大でパニック売
りとなり、日経平均は17,000円割れ(3月19日16,358.19円)、ニュー
ヨークダウは19,000ドル割れ(23日18,213.65ドル)と、あっと驚く
下げとなりました。そこから日経平均は先週末29,792.05円。ニューヨ
ークダウは先週末32,627.97ドル。1年前の底から日経平均は82%の上
昇、ニューヨークダウは79%の上昇。思わず吹き出てしまいそうな上げ
幅となりました!あらためて、マーケットの変動の激しさを感じます。
さて、ここまで上がってくるともたげてくるのが、「もう売ったほうがい
いのでは」という内なる声です。そこで、今週は私たちが、いまのよう
な状況をどう見たらいいか、どう臨むべきかを考えてみることにしまし
ょう。

□ いまのような市場は、証券会社や銀行の絶好の稼ぎ時

いまのような市場は、証券会社や銀行にとって、絶好の稼ぎ時です。な
ぜかというと、お客のほうも「そろそろ高いのでは」と内心思っていて、
セールストークで、少しの利益を取って売らせやすいからです。「利食い
千人力」という言葉が、こういうときよく使われます。また、ネット証
券だったらセールスがいないから大丈夫と考えると、そうではなく、PC
に向き合って一人でやっていると、手数料は安いし、手軽にポチっとで
きてしまうので、いくらかでも利益を確保したくなり、短期売買にのめ
り込みやすいのです。こうして、売ったお金でほぼ必ず別のものを買う。
対面の証券会社にとっては、絶好の稼ぎ場。銀行は、いま人気のテーマ
の投資信託で、購入手数料が高いものを買わせることが多い。ネットで
も、手数料が安くても、売買を頻繁にやればやるほど、証券会社にがっ
ぽり手数料が入る。こうして、いまのようなときは、証券会社も銀行も、
高収益となるのです。話題の、公正中立を謳う独立系アドバイザーの
IFAも、こういう時は稼ぎ時です。

そして、マーケットは上がっているけど、本人はあまりもうかっていな
い、儲かっているのは、証券会社やこういうセールだけというのが、よ
くあるパターンです。

□ 株価を追うな

このような状況をみていると、多くの人が、そして証券会社や銀行は手
数料がたくさん入るので、株価を追っていることがよくわかります。要
は、知らず知らずのうちに、マネーゲームに入り込んでいるわけです。
この「マネーゲーム」という言葉は映画のタイトルにもなるほど、よく
聞かれる言葉で、「株はマネーゲームでしょ?」と真顔で言う人もいるく
らいです。証券会社にとっても、この状況が金城湯池。しかし、投資家
が株式投資で本来得られる利益を取るためには、「株式投資はマネーゲー
ム(ギャンブル)ではない」ということを、肝に銘じるべきです。

□ 会社を追え

マネーゲームによる利益は持続しません。「利益が取れても他で損をする」
というのが通常のパターンなのです。それよりもいい会社をいくつか持
ち、大事にその会社の成長を見守るという姿勢がもっとも大きく報われ
るやり方です。「スコアボードを見て試合をするな。フィールドを見てい
ろ。」これはバフェットの言葉です。スコアボードは株価。フィールドは
会社。これは、野球をやっていれば当たり前のことですが、お金のこと
になると、人間は変わってくることをわかりやすく伝えています。そし
てバフェットがずっと続けているやり方は、株価が何倍になろうが、そ
の会社が伸び続ける限り、持ち続けるということです。「スカイ・イズ・
ザ・リミット-青天井」

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、
メルマガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報
を発信していきます。ご期待ください!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてください。
このメルマガへの率直なご感想・ご意見もお待ちしています!

メルマガ登録・解除はこちらから↓
https://d.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

米国と中国の外交トップのアンカレッジ会談を見て、あらためて外交の
厳しさ、ぶつかり合いのすごさを感じました。メディアを入れての双方
の冒頭会見の後、ブリンケン国務長官が記者を呼び戻し、中国に対して
反論すると、中国も記者を止めて、さらに反論する。ここで、私が思い
出したのが、王毅外相が昨年秋日本に来た時、茂木外相との共同記者発
表での発言です。「日本の漁船が釣魚島(尖閣諸島)の海域に侵入してい
る。中国はそれに対して必要な対応をとるしかない。この問題に関する
中国の立場は明確で、われわれは今後も引き続き中国の主権を守ってい
く」といった後、茂木外相が一言も反論しなかったのです。茂木外相は、
「共同記者発表は主催国、相手国という順番でそれぞれ一度ずつ
発言を行うルールで行っている。」とコメントしていました。こんな
大事なことで、ルールも何もないでしょう。あらためて、日本外交の弱
腰が危ぶまれます。くれぐれも中国に付け込まれないように願うばかり
です。

―――――――――――――――――――――――――――――

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報 ◆

☆★情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』★☆
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★『月刊ニュースレター』★☆
http://www.bfsc.jp/newsletter/ バックナンバーもすべて掲載!

☆★おすすめメルマガ『日刊!”信頼の社労士”が思う、「仕事の本質」』★☆
社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介しま
す。会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通
じて、「仕事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事
をしていく上でとても参考になります。
「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、
真面目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html
小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

=============================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

=============================

■びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
40年の長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお
金の健康管理をするホームドクターです。

■びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立した
FP・資産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられ
たベストの金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心し
て人生を過ごしていただく資産運用をご案内しています。

お問い合わせはこちら→
https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ名   『あなたの資産運用を成功に導くメルマガ!』

■発行人サイト  http://www.bfsc.jp/

■発行人     びとうファイナンシャルサービス(株)
投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■発行責任者   尾藤 峰男(びとう みねお)公認投資助言者(RIA)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者

■ご意見・ご感想 info@bfsc.jp

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するもの
ではありません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害につい
ても発行人は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、
利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

※このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマ
ガ登録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的と
しています。メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、
下記のURLから登録解除をお願いします。

登録・解除はこちらから↓
https://d.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=bfsc

Copyright (C) 2021 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ