トップページ > メールマガジン > 2011/01/10 債券で最も信用度の高い「国債」は大丈夫か?

2011/01/10 債券で最も信用度の高い「国債」は大丈夫か?

2011/01/10 債券で最も信用度の高い「国債」は大丈夫か?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.132(2011.1.10)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としています。
メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、このメールへの返信
または、info@bfsc.jp まで、不要とご記入のうえお送りください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

◆ ご挨拶 ◆

新年明けましておめでとうございます。皆様にとって今年2011年が、よい
年になることを、心よりお祈りしております。

弊社、びとうファイナンシャルサービスは、おかげさまで今年は11年目に入
ります。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、いまのよ
うな困難な時期だからこそ、さらにお客様の利益を最大化するサービスを提供
できるよう、全力を傾注していく覚悟です。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

               ======
               お役立ち情報
               ======
☆★新春『人生を安心して生きるための金融資産運用セミナー』★☆

資産運用の成功を、新春の決意にされた方も多いことでしょう。ぜひ、その
目標の実現のために、このセミナーにご参加ください。

~参加無料 限定10名~

日時:2011年1月29日(土)15:00~17:00

場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームA(日比谷帝劇ビル地下1階)
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役

申し込みは、下記メールまたは電話にて「1月29日セミナー参加希望」と
して、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

このセミナーで、バブル崩壊の前と後の30年以上の経験と資産運用分野で
グローバルスタンダードの最高資格を持つ、金融機関から完全独立のアドバ
イザーだからこそ語ることのできる「こうすれば人生を安心して生きられる
資産運用法」をお伝えします。

◆このセミナーで、老後や家族のために失敗しないお金の運用法がわかる!◆

日本の将来が不透明で先行き大丈夫かという不安がつのる中、自分や配偶者の
老後や家族の将来はどうなるか、一人で考えあぐねていても解決の糸口は見つ
かりません。

証券会社や銀行に相談しても、本当に役に立つ情報は提供してくれない、自分
たちに実入りのいい商品ばかりすすめると感じることはありませんか?しかし
一度しかない人生、家族とともに安心とゆとりをもって生きていくためには、
老後の資産運用で失敗はできません。

金融機関から完全独立で、お客様の利益を最優先におくびとうファイナンシャ
ルサービスだからこそお話できることがあります。土曜の午後のひと時を、
「本当の資産運用とは」を学び、人生を安心して生きるために使ってみませんか。

◆ セミナーでお話しする内容 ◆

●  日本株の停滞にどう対処するか。

●  証券会社や銀行にだまされずにどう対抗するか。

●  安心して人生を過ごせる資産運用はどうしたらできるか。

●  財政破綻など日本のリスクが高まる中、どう資産防衛をするか。

●  日本株に比べ、はるかに好調な新興国やグローバル市場の魅力

◆ セミナーに参加された方の声 ◆

● 金融商品のコストの見方がよくわかった。

● 知り合いにも、ぜひ知らせる。

● 非常に王道・正攻法でよかった。

● 証券会社への対処法がよくわかった。

● 日本だけではお金の運用はうまくいかないことがよく理解できた・・・

☆★『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ★☆

弊社は、皆様のために『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスをご案内
しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスを
させていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、しっかり殖やしたい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたら
  いいかわからない。

お金の運用で失敗すると、傷が大きくなります。また資産運用は、やり方によ
って大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー
にしかできないアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用くだ
さい。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

☆★ 『びとうファイナンシャルサービス公式ブログ』 ★☆
http://ameblo.jp/bitofinancialservice/

完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・
論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいの
か?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

拙著「今こそはじめよう外国株投資入門」(日本経済新聞出版社)発売中!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532354250/bfsbookintro-22/ref=nosim

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.132(2011.1.10.)■

グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤 峰男です。この週刊メール
マガジンは、読者の皆様のおかげさまで、第132号となりました。

このメルマガは、連載形式になっています。『株式』編、『投資信託』編と続
き、現在第3弾として、『債券』編となっています。お知り合いや友人の方に
も、ぜひ紹介してあげてください。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、その成功
へのステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。金融機関か
ら完全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に役に立つ情報を
お届けできます。これからも『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』
に答えるメルマガにしていきます。ぜひ、ご期待ください!! 

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認める世界
最高峰のグローバルスタンダード資格、米国CFA証券アナリスト資格を有して
います。日本発では得られない情報も、このメルマガでたくさん提供していき
ます。

米国CFA協会では、このようにいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとやって
も得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決して
到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわたり理解で
きる能力を持っていることを証明するものである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ『債券』編

    -債券で最も信用度の高い「国債」は大丈夫か?-

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2011年度予算案が固まった年末年始にかけて、多くの新聞・テレビや雑誌
で、歯止めがかからない日本の国債残高増加への懸念が指摘されています。皆
さんも本当に大丈夫なのかと漠然とした不安をもっていると思いますが、本メ
ルマガ、新年最初のテーマは、債券でもっとも信用度が高く「安全資産」とも
いわれる日本国債について、考えてみましょう。

ポイントは、以下の3つに絞られるでしょう。

1. 日本国債を持っていても、いいものか
2. 日本国債を買っても、いいものか
3. 日本国債を持っていなければ、心配ないか

皆さんはどう思いますか?

□  国債は、国内消化で間に合っている「ガラパゴス」

現在国債は、国内で95%消化されていて、ほとんど海外からの投資を必要と
していない状況です。これは、海外への依存度がおよそ半分近い米国と好対照
になっています。

一方、貸出需要が乏しい国内の民間金融機関は、集めた預金のおよそ4分の1
を国債購入に充てています。ゆうちょは、8割を国債購入に充てていて、日銀
を合わせた国内金融機関で、国債のおよそ半分を持っている状況です。米国が
両者で10%程度、民間金融機関だけでは2~3%しか持っていないのと比べ
ても、好対照といえるでしょう。

さらに、一般政府や保険・年金基金が3分の1程度国債を保有しているので、
典型的な国内完結型といえます。このマイナス面の影響はあとでお話しするこ
ととしましょう。

とにかく、日本の場合、国債の保有者構成がいびつで、外部からの市場原理が
働きにくい構造になっているといってよいでしょう。国債の保有者構成も、ガ
ラパゴス化した状況といえます。

□ この「国債のガラパゴス状況」は、続けられるか

ゆうちょや銀行などの金融機関が国債を買い続けられれば、国債の消化に支障
をきたさず問題はないのですが、どうも、そういうわけには行かなくなるよう
です。1990年代に15%もあった貯蓄率は、現在では3%程度にまで落ち
込み、あの貯蓄をしないで有名な米国をも下回るレベルに落ちています。また
団塊世代の高年齢層化で貯蓄の取り崩しはこれから本格化し、所得の減少で金
融資産の伸びも鈍化していくことが見込まれます。

現在個人の金融資産は1440兆円ですが、住宅ローンなどの負債を除いた純
資産は1080兆円程度です。一方で国と地方の一般債務(借金)は、2010
年9月で1042兆円ですから、ほとんど糊しろはありません。いわば、いま
のままでは、日本国内だけで国債消化ができない状況が、刻々と迫ってきてい
るわけです。

「国債のガラパゴス状況」は、維持不可能ということです。

□   国債消化を「外に頼らざるを得ない」となると、どうなるか?

海外に頼っている国債残高の比率が5%程度の日本は、いわば特殊な世界です。
いよいよ外に消化先を求めなければならなくなると、どうなるのでしょう?い
ままで働かなかった市場原理が働くようになります。世界の投資マネーに、厳
しく財政状況をチェックされ、2011年にGDPの2倍を超える見通しの政府債
務に対し、条件面で厳しい要求をしてくることは明らかです。今回のユーロ危
機の発信元、ギリシャの政府債務/GDPは137%、アイルランドでさえ112
%です。

そのギリシャの10年国債金利は、2009年12月に5%程度だったのが、
いまでは12.8%、ポルトガルの6ヶ月国債も1年前の0.6%が、この年
明け3.7%に急騰しています。先進国の英国の例を挙げれば、1972年に
8%程度だった国債金利が、英国病から74年には18%を越えた例がありま
す。

このように、外に頼らざるを得ない状況になりますと、市場原理が働き、投資
マネーにより、過度の金利変動まで起こしかねないリスクが高くなるのです。

□   いよいよ金利上昇となると、どうなるか?

国債の金利を上げざるを得ないようになると、どうなるのでしょう?日本の国
債の長期金利が、現在のレベルから3%程度まで上がると、利払い費が税収の
半分に当る20兆円まで膨らみ、その利払い費用を調達するため、さらに国債
を増発するという悪循環が生まれます。一度この循環が生まれますと、なかな
かこれを断ち切るのがむずかしくなり、財政破綻というリスクが高まってしま
います。

「国債は、発行体である日本国政府の信用状況の悪化等により、元本や利子の
支払いが滞ったり、支払い不能が生じるリスクがあります。」

これは、財務省作成の「個人向け国債」パンフレットに書かれている文句です。
免責条項として、文字通り、元利金が還ってこないリスクを、国が指摘してい
るのです。

一方、国債金利が1%上がるだけで、大手銀行・地銀は、6.6兆円もの損失
を出すとの試算もあります。国債の40%を保有するゆうちょ、民間金融機関
の財務状況の悪化が想定されるわけです。そうなると、預金として預けた資金
がリスクにさらされ、1000万円しか保護されないペイオフ発動という最悪
の事態も視野に入れなければなりません。

また、われわれの保険や年金基金も、国債残高の20%以上を持っていますの
で、こちらの財政状況の悪化が想定されます。そうなれば、程度の差はあれ、
保険金や年金のカット、あるいは金利上昇によるインフレに追いつかないとい
うような事態も想定されます。これまで国債のほとんどを国内で消化してきた
構造が、かえって事態を悪い方向に向かわせることになってしまうのです。こ
のように、国債の金利上昇は、われわれが深く関わるさまざまな面に影響を及
ぼすことになります。

ここまでで、最初にあげた3つのポイント、国債をもっていていいか、買って
もいいか、もっていなければ心配ないかという点に答えられていると思います。
ことほど左様に、国債をもっていないからといって安心していられるわけでは
なく、お金が円で国内にある限り、国債リスクからは逃れられないということ
です。

さらに、ギリシャやアイルランドが経験したような、大幅な増税、社会福祉・
年金の大幅カット、IMF管理下入り、激しいインフレというような推移をたど
ることを想定しなければならなくなります。IMF管理下に入れば、有無を言わ
さず、公的年金の2~3割の大幅カット、消費税は15~20%が当たり前
です。いまアイルランドでは、教会の炊き出しに、昨日まで家やクルマをも
っていた人が長蛇の列をなしているそうです。

おそらく、ここ1,2年がこうならないようにするために残された最後の猶
予期間といって決しておかしくないゾーンに、日本は入ってきていると考え
るべきでしょう。そのために取るべき方策を、弊社公式ブログに掲載しまし
た。ぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/bitofinancialservice/
 
びとうファイナンシャルサービスは、いつもお客様の利益を最優先に、人生を
安心して豊かに過ごしていただけるよう、全力でお手伝いします。このような
厳しい時代だからこそ、ますます、その役割が重要になると考えております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

年初冒頭に、国債の話をしましたが、日本の状況を調べれば調べるほど、その
深刻さがわかってきます。これまで国家が経験したことのない事態を、これか
ら迎えるのかもしれません。

このような事態に対し、その存在に気づきながら無策でいることは、あまりに
もリスクが高いといわざるを得ません。その事態になって「だから言ったでし
ょ。」では遅いのです。

手前味噌になりますが、そうならないための適切な方策があります。ぜひ、冒
頭でご案内しているセミナーに参加ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ登録はこちらから!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/

■ びとうファイナンシャルサービス公式ブログ
http://ameblo.jp/bitofinancialservice/

■ 書評ブログもやっています!
 (月間2万PV、時々出版社・アマゾンより上位に来る注目ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

■ びとうファイナンシャルサービス-月刊ニュースレター(無料)も好評発刊中!
 投資に役立つ情報、ライフプランや節税、お得で便利な情報など満載です。

ご購読お申し込みは、下記まで「ニュースレター希望」として、ご住所・お名前・
 メールアドレス・Telをお知らせください。
 info@bfsc.jp

===================================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

===================================
■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
  30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
  目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお金
  の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立したFP・資
  産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられたベスト
  の金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心して人生を過
  ごしていただく資産運用をご案内しています。

  お問い合わせはこちら→
  https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ 

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介します。
会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通じて、「仕
事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事をしていく上で
とても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派のメルマガとのことです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト    http://www.bfsc.jp/

■ 発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想   info@bfsc.jp
(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

Copyright (C) 2011 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ