トップページ > メールマガジン > 2008/09/15 10倍になる会社って、一体どんな会社?

2008/09/15 10倍になる会社って、一体どんな会社?

2008/09/15 10倍になる会社って、一体どんな会社?

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.12(2008.9.15)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CFA&CFP資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、今回でおかげさまで第12号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していきます。

ぜひ、ご期待ください!!

このメルマガは、連載的なものになります。これを読めば、一通りどうすれば
資産運用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方に
も、お早めにぜひ紹介してあげてくださいね!

───────────────────────────────────

■ 10倍になる会社って、一体どんな会社?

───────────────────────────────────

□ 安いからいいということはない・・・。

いまこのメルマガを書いているこのときに、アメリカでは証券大手のリーマン
ブラザーズが破産申請を出し、今年2月に66ドルしていた株は紙くずになろうと
しています。また、つい先週、暗黙の政府保証がある住宅金融機関、ファニー
メの株価が、昨年10月67ドルから0.7ドルになってしまいました。いずれも優良
企業といわれ、たくさんの投資家が株式を持っていました。

そして、高値のときでもかなり割安感があり、買いたくなるような立派な業績
だったのです。ところが、1年もしないうちにこのありさまです。大企業であり、
割安だからといいと思って買って大失敗するのを絵に描いたような例です。皆
さん、これこそ安物買いの銭失いですね!!

それでは、どういう会社の株を買ったらいいか、そして10倍を狙える会社とは
どういう会社かをじっくり見ていきましょう。今のような時期には、少し下界
を離れて景気のいい話で気分を変えるのもいいのではありませんか?

□  どんな経済状況のときも、利益を伸ばし続ける会社

こんな会社があるのかねと思われるでしょうが、あるのです。たとえば、ジョ
ンソン&ジョンソン。この会社は20年以上なんと二桁の連続増益を続けていま
す。ちなみに売上は70年以上連続増収です。また、P&Gは50年以上連続増配
をしています。増配を続けられるのは、利益が伸びているからです。そして、
こういう会社はみな、20~30年で数十倍です。

利益を伸ばし続けられる会社とは、どういう会社でしょう。いくつか上げてみ
ましょう。

・ マーケットシェアが大きく、価格決定力が強い。
・ 独自のカラーや企業哲学を持っている。
・ 会社が活性化している。いつも活性化するように努める。
・ 大胆なリストラクチャリングをあらゆるレベルで実行する。
・ 設備投資が少ない。
・ ブランドバリューが高い。

個々の説明は次回にしますが、いずれも利益を伸ばし続けられるのに欠かせな
いものばかりです。

□  景気の変動の影響を受けにくい会社

サブプライムローン問題で株が下がったり紙くずになったりしている会社は、
住宅関連の企業や金融機関です。ペプシコやマクドナルドは下がっていません。
ジョンソン&ジョンソンやP&Gも高値圏です。まったくいまの市場の影響は
受けていないのです。

どうしてそうなのかというと、これらの会社の商品の食べ物、クスリや洗剤は、
人々はいつも使わなくてはならないものだからです。ということは、急に買わ
なくなるようなことがなく、景気の変動の影響を受けにくい会社ということで
す。

こういう会社は、地味で面白くないし、そんなに業績が急成長をしないから、
株価は上がらないだろうと思う人が多いのですが、ペプシは2000年34ドル→現
在74ドル、マクドナルドは2003年15ドル→現在64ドルです。すばらしいパフォ
ーマンスです。日本では、JR東日本や花王といったところでしょうか。こち
らは、いずれも2003年からは5割以上上がっています。

□  経営体質や株主還元(増配、自社株買い)がしっかりしている会社

これは、業績とか景気には関係ないのですが、非常に大事なことです。所詮は、
会社は人で成り立っているということを忘れてはいけません。いま、事故米や
賞味期限切れの商品の販売、食品偽装、インサイダー取引、不透明な増資後の
破綻などいろいろ不祥事が続いていますが、これはすべて人がやることです。
ある会社では起こりますが、他の会社では起きません。ですから、こういう会
社を選んではいけないのです。

会社の所有者は株主ですから(メルマガNo.7参照)、お金を出してくれた
株主に現金とか株価の上昇でお返しするというスタンスは、大変大事です。お
金を会社に溜め込み株主に返さない会社の株価は、業績がよくてもそれに見合
うほど上がりません。日本には、そういう会社が残念ながら多いのです。そう
いう会社の経営陣は、経営がわかっていないとも見なされます。

配当金を増やし続けている会社、自社株買いを積極的に実行している会社は、
株主を向いている会社といってよいのです。そしてそういう会社は、株価が上
がる(可能性が高い)ということです。このスタンスの違いは、同じ業界でも
会社によってずいぶん違います。選別するときにはよく心がけるといいでしょ
う。

次回は、このなかで、株価が10倍になる会社の条件として上にあげました、利
益を伸ばし続けられる会社について、もう少し詳しくお話しする予定です。

ぜひご期待ください!!

今週も最後まで読んでいただいて、大変ありがとうございます。ご質問、ご意見
大歓迎です!! どしどしお寄せください。

このメルマガは、本編に入ってきています。来週以降も、中身の濃い情報をど
んどんご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげてくだ
さいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの1週間が、すばらしい1週間に
なりますように!!

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

ご意見・ご感想お待ちしています→ info@bfsc.jp

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

───────────────────────────────────

セミナー開催のお知らせをします。ぜひ会場でお会いしましょう!
http://www.bfsc.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2008 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ