トップページ > メールマガジン > 2013/04/22 投信はアクティブ(積極運用型)かパッシブ(指数連動型)か

2013/04/22 投信はアクティブ(積極運用型)かパッシブ(指数連動型)か

2013/04/22 投信はアクティブ(積極運用型)かパッシブ(指数連動型)か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.239(2013.4.22)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp
-投信はアクティブ(積極運用型)かパッシブ(指数連動型)か-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======
お知らせ情報
======

☆第26回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる!-
毎回「来てよかった!」と大変好評なセミナーです。必ず役立ちます。ぜひお越
しください。

詳しくは下記をご覧下さい。

びとうファイナンシャルサービスが、日本の将来を鋭く見通して、お金の運用を
どうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催し
ます。証券会社や銀行から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品
やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた皆さまから大変好
評です。ぜひご参加ください!

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。
日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を
運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心
して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいの
ない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全
独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごす
ためのお金の運用法」をお話します!

-お話しする内容-
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年5月12日(日)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
参加費: 1,000円(当日支払い)

~限定10名~

申し込みは、下記メールまたは電話にて「5月12日セミナー参加希望」として、
お名前とご連絡先をお知らせください。

E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級
FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金
融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当
社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日
本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。日経CNBCにもた
びたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。
投資助言・代理業として関東財務局登録。

◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次の
ようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。
● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。
● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。
● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。
● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいかわからない。
● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やしたい。
● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・
資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気
軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。完全
予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/

☆★ 平日毎日更新、1ヶ月2万PV以上の『書評ブログ』 ★☆
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.239(2013.4.22)■

グローバル・スタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男です。この週刊メールマガ
ジンは、読者の皆様のおかげさまで、第239号となりました。

このメルマガは、連載形式になっています。『株式』編、『投資信託』編、『債券』
編と続き、現在第4弾『資産運用』編となっています。お知り合いや友人の方に
も、ぜひ紹介してあげてください。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、その成功へ
のステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。金融機関から完
全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に役に立つ情報をお届けで
きます。これからも『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』に答えるメル
マガにしていきます。ぜひ、ご期待ください!! 

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認める世界
最高峰のグローバル・スタンダード資格、米国CFA証券アナリスト資格を有し
ています。日本発では得られない情報も、このメルマガでたくさん提供してい
きます。

米国CFA協会では、このようにいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとやって
も得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決して
到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわたり理解で
きる能力を持っていることを証明するものである。

                                   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ『資産運用』編

-投信はアクティブ(積極運用型)かパッシブ(指数連動型)か-

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回のメルマガのタイトルだけでは、何をいっているかよくわからない人もい
らっしゃると思います。そこで、まず解説します。投資信託は、パッシブ運用
とアクティブ運用という、まったく異なる考え方で運用している2つの分類に
分かれます。

そしてパッシブとは「受動的」という意味ですが、これは「指数連動型(イン
デックス運用)」ともいいます。たとえば、東証株価指数や日経平均225株
価指数どおりに動くことを目指す運用のやり方です。いい成績を上げようと目
指すものではありません。あくまでも、ある株価指数にできるかぎり連動する
よう運用すればするほど、いい運用ということになります。

一方、アクティブとはまさに「積極運用型」といいまして、ベンチマークとな
る株価指数を上回る運用を目指すものです。たとえば、東証株価指数が1年で
10%上がったとすれば、少なくとも10%超の運用成果を目指すというもの
です。

ここまでは解説として、本題に入りましょう。

□ アクティブ型の手数料は高く、パッシブ型は安い

いきなり、手数料の話になりましたが、アクティブ型の投資信託は、ベンチマ
ークを上回る運用を目指すものですから、個別銘柄やマクロ経済を分析するリ
サーチ・アナリスト、銘柄選択を決定するポートフォリオ・マネージャー、売
買の執行をするトレーダー、全体の投資政策を決定する上級幹部などの人件費
や外部運用先への再委託(たとえばアフリカとかブラジルだと現地の運用会社
に委託することが多い)などのコストがかかります。そのコストを信託報酬に
転嫁します。です。また、証券会社や銀行のアクティブ型投信の販売手数料も、
どういうわけか、それにつれて高くなります。 販売する際に丁寧に説明する
手間がかかるという言い分ですが、ちょっと説得力に欠けます。

一方、パッシブ型の投資信託は、指数連動型で、ベンチマークとなる株価指数
どおりに動けばいいのですから、アクティブ型のように、リサーチ・アナリス
ト、投資政策を決定する上級幹部の人件費、外部委託先への再委託費用などが
かからず、コストが安くできます。ベンチマーク指数にできる限り連動するよ
うにするためには、コンピュータ・トレーディングなどのインフラが必要です
が、それ以外はコストがかからない仕組みになっています。そのため、積極型
に比べ、一桁違う信託報酬になっているわけです。たとえば、アクティブ型で
2.1%かかるところが、パッシブ型では0.42%というほどの差になります。

□ 日本の証券会社や銀行が売る投資信託は、アクティブ型が多い。

日本の証券会社や銀行は、収益追求企業ですから、実入りのよい投資信託を勧
めます。販売手数料や信託報酬が多い投資信託を売るインセンティブが働くわ
けです。そのために、アクティブ型の投資信託を販売する傾向が大変強いです。

日本の投資信託の信託報酬は、10年近く連続して上昇しているそうです。一方、
アメリカは2003年がピークで、その後は減少傾向にあるそうです。日本では、
投信を売ることにより収益を確保するため、手数料を高く取れるアクティブ型
の投資信託を売る傾向がますます強くなってきているということです。

このアクティブ型という指数を上回る運用を目指すということのほかに、たと
えば毛色を変えて、通貨選択型日経平均連動ファンドとか中東・アフリカファ
ンドなどアクセスしにくい地域のファンド、さらには個人では手に入りにくい
ハイ・イールド債券ファンドなど、手数料が高くなることの説得性があるよう
な投資信託を設定して、手数料の高さを正当化するものもあります。

では手数料が高くても、運用成績はいいのでしょうか。手数料の高さを埋めて
運用成績がよければ、なにも言うことはありません。

□ アクティブ型のほとんどの投信は、パッシブ型に勝てない。

もうタイトルで結論を言ってしまいましたが、アメリカでの調査・研究によれ
ば、10年間でみると、75%のアクティブ型の投資信託は、ベンチマークと
したS&P500株価指数(アメリカの主要株価指数)を上回ることができなか
ったそうです。(「敗者のゲーム」、C.エリス著」

なぜこういうことが起きるかといいますと、プロが渦巻いている株式市場にお
いて、誰かがベンチマークを上回れば、誰かがベンチマークを下回るというこ
とです。というのは、ベンチマークというのは、すべての参加している人の成
績の平均だからです。プロが生き馬の目を抜く厳しい市場において平均をずっ
と上回ることは至難な中で、株価指数が年率5%の利回りとして、信託報酬と
いう手数料が1.5%も上乗せされれば、両足に鉄の重りをつけて歩いている
ようなものです。1年や2年ではベンチマークをたまたま上回ることもあるで
しょうが、5年、10年となると相当難しくなるでしょう。確かにアクティブ
型でいいファンドもありますが、ほんとうに限られるのです。

一方、パッシブ型の投資信託は、もともとベンチマークとなる株価指数に連動
することを目指すもので、信託報酬を低く抑えています。たとえば、東証株価
指数連動の上場投資信託は、信託報酬が0.11%というレベルです。アクティブ
型の投資信託の手数料の20分の1にもなります。そして市場平均をひたすら
目指すということです。5年、10年の間にベンチマークとなる株価指数を上
回ることが相当難しいのであれば、そして、そういうファンドを探してきて買
ったとしても、その結果が確認できるまで、5年も10年も待たなければいけ
ないリスクを犯すより、パッシブ型で株価指数連動型のファンドを持っている
ほうがよほど合理的ということです。

いかがでしたか、今週のメルマガ。これからも私、尾藤 峰男は、メルマガ読
者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報を発信していきま
す。ご期待ください!
それでは、皆さん、今週も充実した1週間でありますように!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてくださいね。
メルマガ登録はこちらから!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
このメルマガへの率直なご感想・忌憚のないご意見もお待ちしています!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:

来年から導入される日本版ISA(少額投資非課税制度)は、すでに申し込み受付
が始まっています。証券会社や銀行は、顧客囲い込みのため、すでに猛烈な広告
・宣伝を始めていますが、まだまだ様子を見た方がよさそうです。日本版ISA
(少額投資非課税制度)は、すべての金融機関を通じて1口座のみであり、一度
口座をつくると、4年間はその口座を使わなければなりません。銀行や証券会社
によって取扱商品も違います。まして、どの金融商品(海外証券も対象になるか
を含め)がこの制度の対象になるかも決まっていないようです。それにしても、
システム開発に金がかかる、効果に疑問があるなどとこの制度導入に及び腰だ
った金融機関の宣伝活動は一度走り出すとすごいものです。

===================================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

===================================
■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
  30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
  目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお金
  の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立したFP・資
  産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられたベスト
  の金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心して人生を過
  ごしていただく資産運用をご案内しています。

  お問い合わせはこちら→
  https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ 

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介します。
会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通じて、「仕
事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事をしていく上で
とても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト    http://www.bfsc.jp/

■ 発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想   info@bfsc.jp
※ このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としています。
メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、このメールへの返信
または、info@bfsc.jp まで、「不要」とご記入のうえお送りください。
(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

Copyright (C) 2013 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ