トップページ > メールマガジン > 2008/12/29  現在のような株式市場にどう向き合いますか?No.2

2008/12/29  現在のような株式市場にどう向き合いますか?No.2

2008/12/29  現在のような株式市場にどう向き合いますか?No.2

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.27(2008.12.29)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CFA&CFP資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第27号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していきます。

ご期待ください!!

☆★☆★☆★☆★BFSよりのお知らせ☆★☆★☆★☆★

日経CNBC新春特別番組に、男性サイドFPとしてわたくし、尾藤が出演!!

日時:1月5日13:00~14:25

チャンネル:日経CNBC(スカイパーフェクトTVや各地のケーブルTVを
通じ、個人投資家中心に全国700万世帯で視聴)

番組:マーケット展望“百年に一度”の危機をチャンスに!~金融商品徹底チェック」

☆★☆★☆★☆★ぜひご覧ください!!☆★☆★☆★☆★

───────────────────────────────────

■   現在のような株式市場にどう向き合いますか?-No.2

───────────────────────────────────

さて、今年のメルマガもこれが最終号となりました。早いもので27号となり

ました。これも皆さまのおかげと感謝しております。今週は、先週に続いて上

記テーマでお話していきます。マーケットは相変わらずの状態が続いています

ので、きっと役に立つポイントがあると思いますよ!

□    株式は、債券や預金よりリスクが少ないって本当?

えっ、本当?とおもわず首をかしげる人が多いかもしれませんが、これは本当

です。株式は、投資期間が10年以上になった場合には、債券や預金よりリス

クは少なくなります。確かに、短期では株式は債券や預金よりリスクは高いで

す。そこに時間の要素を入れますと、ガラッと変わってくるわけです。

アメリカの恐ろしいほど長い期間の1802~2001年の200年の株式、

債券、短期国債の10年の保有期間での平均年率投資利回りを見ると、下のと

おりなのです。200年間のどの10年間の利回りをとっても、株式のマイナ

ス利回りが一番少なく、プラス利回りが一番大きいという結果です。

株式 -4.1%~16.9%
債券 -5.4%~12.4%
短期国債 -5.1%~11.6%

今のような市場でももっと先を見ていれば、ずいぶん違った風景を見ることが

できるということです。

□    何もしないことが、最良の対策

株式を売る必要がなければ、株価の上下は見ても意味がないし、気にする必要

はありません。こういいますと、『私の持ち株、いくらになっているのか知っ

てんの? 少しは人の気持ちにもなってよ!』と感じられる方もいらっしゃる

でしょう。しかしこれがもっとも株式投資で成功する秘訣なのです。

株価の上下を気にすればするほど、自分の足元がずぶずぶ深みにはまっていく

という構図になるのです。株価をチェックすればするほど、「いまいくら損し

てる?」ということが頭に浮かび、目先のニュースやコメントに左右され、株

価が大きく下がるとびっくりしてあわてて売ってしまうという行動に行きがち

です。また周りの人たちと話し合ったり情報交換などしていると、同じような

売買をして流されやすくなるというパターンもよくあります。

これが集団行動的に売買するという傾向を生み、もっとも悪い儲からないパタ

ーンに入ってしまいます。そして一度それにはまりますと、ずぶずぶ深みに入

っているわけですからなかなか抜け出せないのです。

そういう深みにはまらないためには、最初からそういう行動をとらない―どっ

しり構えて動じない(内心心配でも、動じないふりをしていてもよい)、ゆっ

たり構えてじたばたしない(外見はそう振舞っていてもよい‐これは自分自身

をコントロールするためにも必要)ということが、大事なのです。実は何もし

ないことは本当はなかなか難しく、自制を働かせないとできないものです。

□    一度決めた運用方針は変えない

何もしないといっても、それでは船が漂流しているような印象を持ってしまい

ますが、そうではありません。きちんとした航路計画をつくっての話です。そ

して、よほど沈没する危険がなければ暴風になろうが大雨になろうが、それを

変えないで計画通りに航海を続けるということが、今のような市場の状況のと

きは特に大事なのです。

そうはいっても、現時点では確かにきちっとした運用方針に立ったものでも下

がっていますから、本当にその方針が正しいのかわかりません。しかしその方

針が正しい方針であれば、市場が落ち着いて回復してきたあとに必ず大きな違

いとなって現れてきます。特に、上のような目先的に動いて投資をする人たち

と…。

□    持っている株が下がっていても、いい事もある

本当にそういうことってありますか?と思うでしょう。あるのです。たとえば

贈与です。いままで300万円していた株が100万円になってしまったらず

いぶん痛いと思うでしょうが、この際お子さんに100万円で贈与しておけば、

300万円でかかった贈与税がかかりません。よい財産継承になるのです。ま

た相続も同じですね。お亡くなりになられたときに株式財産が一年前の半分に

なってしまったとしたら、それは運が悪かったということですが、一方で払っ

たであろう相続税は大幅に節税、もっといいと無税となることもあり得ます。

そして受け取った方は元の水準に戻れば、万々歳ということです。

□    正しい運用方針は、評価の高い専門家に作ってもらおう

アメリカの大変著名な投資コンサルタントのチャールズ・エリスが、こういっ

ています。

『長期投資家にとって最高といえるのは、適切な専門家の助言を得て、自分に

最適な運用計画を作り上げることだ。残念なことに、ほとんどの投資家はその

ための支援を求めようとせず、またお金を払おうとしない。その怠慢という重

大な罪のもたらす機会損失は甚大だ―それほど簡単に得られるものを逃したこ

とによる損失である。』

正しい運用方針は、一度作ったらそう変える必要のないものです。これをつく

れば鬼に金棒といってもよいでしょう。特に今のような市場だからこそ、正し

い運用方針を持っておく必要性が高いのです。そしてその結果は現時点ですぐ

にわかるわけでなく、ある程度時間がたってきますとはっきりとその姿を現し

ます。

その正しい運用方針のご相談に乗るのが私どもの大きな役割です。どうぞお気

軽にお問い合わせください。

さて、2回にわたり、「現在のような市場にどう向き合いますか?」のお話を

してきましたが、いかがでしたでしょうか。来年はぜひマーケットが落ち着き、

明るい環境になるといいですね。来年の干支は「牛」-アメリカではブル(牛)

マーケットといって、強気、好調市場を表すのに使っています。ぜひそうなる

ことを期待しましょう。

本年のご愛読を感謝しております。どうぞ良いお正月をお迎えください!!

このメルマガは、株式編に入ってきています。これからも、中身の濃い情報をご
紹介していきますので お友だちやお知り合いにも教えてあげてくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの年末、お正月が、すばらしい
時になりますように!

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

ご意見・ご感想お待ちしています→ info@bfsc.jp

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

───────────────────────────────────

セミナー開催のお知らせをします。ぜひ会場でお会いしましょう!
http://www.bfsc.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2008 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<あなたもメルマガを発行してみませんか?>
手続きは誰でもカンタン!発行申請後、最短2日でメルマガの創刊が可能です。
まずは発行者登録から⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=18892&rid=2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ