トップページ > メールマガジン > 2013/11/11 ニューヨークダウ史上最高値の本当の理由

2013/11/11 ニューヨークダウ史上最高値の本当の理由

2013/11/11 ニューヨークダウ史上最高値の本当の理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.261(2013.11.11)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

-ニューヨークダウ史上最高値の本当の理由-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======
お知らせ情報
======

☆第32回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる!-
毎回「来てよかった!」と大変好評なセミナーです。必ず役立ちます。ぜひお越
しください。

詳しくは下記をご覧下さい。

びとうファイナンシャルサービスが、日本の将来を鋭く見通して、お金の運用を
どうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催し
ます。証券会社や銀行から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品
やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた皆さまから大変好
評です。ぜひご参加ください!

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。
日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を
運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心
して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいの
ない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全
独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごす
ためのお金の運用法」をお話します!

-お話しする内容-
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット。
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも。
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。
● NISAにどう対応するべきか。
● 証券税率のアップにどう対応するべきか。

日時:2013年11月23日(土・祝日)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
参加費: 1,000円(当日支払い)

~限定10名~

申し込みは、下記メールまたは電話にて「11月23日セミナー参加希望」として、
お名前とご連絡先をお知らせください。

E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級
FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金
融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当
社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日
本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。日経CNBCにもた
びたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。
投資助言・代理業として関東財務局登録。

◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次の
ようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。
● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。
● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。
● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。
● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいかわからない。
● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やしたい。
● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・
資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気
軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。完全
予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/

☆★ 1ヶ月2万PV以上の『書評ブログ』 ★☆
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.261(2013.11.11)■

グローバル・スタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつFP・資産運用アドバイザーの尾藤峰男です。この週刊メールマガ
ジンは、読者の皆様のおかげさまで、第261号となりました。

このメルマガは、連載形式になっています。『株式』編、『投資信託』編、『債券』
編と続き、現在第4弾『資産運用』編となっています。お知り合いや友人の方に
も、ぜひ紹介してあげてください。

このメルマガでは、大切なお金の運用で皆さまのお役に立てるよう、その成功へ
のステップを私、尾藤 峰男がわかりやすくお話していきます。金融機関から完
全独立のFP・資産運用アドバイザーだからこそ、本当に役に立つ情報をお届けで
きます。これからも『本当はどうなの?』『本当のことを教えて!』に答えるメル
マガにしていきます。ぜひ、ご期待ください!! 

私、尾藤 峰男は世界の金融業界・法曹界・会計士業界など誰もが認める世界
最高峰のグローバル・スタンダード資格、米国CFA証券アナリスト資格を有し
ています。日本発では得られない情報も、このメルマガでたくさん提供してい
きます。

米国CFA協会では、このようにいっています。

-CFA資格保有者といっしょにやることは、他のどの資産運用のプロとやって
も得ることができない心の安心を顧客にもたらす。

-CFA資格を保持しているということは、他のどの資産運用のプロでも決して
到達することのできないレベルで、お客様の事情や状況を詳細にわたり理解で
きる能力を持っていることを証明するものである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ メルマガ『資産運用』編

-ニューヨークダウ史上最高値の本当の理由-

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

米国の景気がいまひとつといわれたり、米国政府債務上限問題で市場が振り回
されたりするなか、ニューヨークダウはまるで何の問題もなかったかのように、
淡々と史上最高値を更新しました。その時大騒ぎした報道がウソのようです。
株式市場が上がることは、すべてを売却した人を除き、みんなにとってハッピ
ーです。おかげさまで、私どものお客様もその恩恵をフルに受け、大変ハッピ
ーな状況です。しかしながら、日本株はいかん?かたや史上最高値、かたや最
高値の3分の1。周知の通り、前者はニューヨークダウ。後者は日経平均で、
目を覆いたくなります。この差はどうして起きるのでしょう。これを単なる業
績の違いにおいては、大いに間違います。まさに、この差を知ることは「儲け
られないで、しがみついている愚」を知ることになります。

□ 米国では、企業の不正行為に厳しい制裁が課される。

米国では、株価に影響を与える企業のロングドゥーイング(不正行為)には非
常に厳しいシステムになっています。たとえば米国最大の銀行、JPモルガンの
住宅抵当証券の販売での不正に対し総額1兆円を越える罰金を科すとか、企業
内告発者に対しなんと100億円を越える国からの報奨金(実質的には企業への
罰金)が支払われるのです。まさに内部告発により一財産が築けてしまい、内
部告発を奨励しているようなものです。かたや日本はどうでしょう?罰金など
数百万円単位で、これだったら「罰金払ってごめんなさい。」で済んでしまう
ような結末です。そのため悪事が途切れないという状況が繰り返されます。
実は日本企業の社員が、価格カルテルで米国で懲役刑になるという事例も出て
います。残念ながら、日本ではもっとひどいこと(たとえば国の事業に数百億
円単位で不正請求する)を企業が行なっても、その類の重罰が課された事例は
聞いたことがありません。

これが企業倫理の遵守意識を厳しくし、それが経営に規律を持たせ、引いては
業績の向上につながることになるのです。いわば、彼我を比較すれば、日本は
企業倫理の遵守について、「ゆる褌(ふん)」の感が目立つのです。

□ 株主重視の姿勢は、企業で徹底している。

弊社は、海外の市場、日本の市場の両方を見ていますので、その違いは際立っ
てよくわかるのですが、驚くほど、海外、特に米国(米国を見ていれば大体世
界の市場動向がわかる。なぜならどの市場も米国を見ているから。)と日本で
は、株主への企業の姿勢、株式市場を取り巻くシステム(監督機能、訴訟行動、
罰則など)が違います。これほど違いますと、米国市場が史上最高値を更新し、
日本市場がいまだに高値の3分の1である理由が痛いほどわかります。私どもは、
その違いを実際の運用に反映させ、恩恵を大いに受けているわけですが、皆さ
んもぜひ、日本株に恋々としないで米国市場を含む海外に、投資の目を向けて
いくことをお勧めします。

実はそうすることが、逆に日本株に投資する際に大変応用でき、株主重視の姿
勢をとらない企業を排除し、不正行為を行なわない企業を選び出す選別眼を養
うことにもなるのです。

□ ニューヨークダウ最高値更新の大きな原動力は何か。

皆さんは、アメリカ企業の業績はさぞいいのだろう。だから株価は上がってい
るのだろうと誰もが考えることでしょう。確かに悪くはありませんが、驚くほ
どよくもありません。「ほどほど」という表現がもっとも落ち着きどころがい
い表現です。現在の状況では、日本企業のほうがよほどいいといってよいでし
ょう。しかし、米国で株価は史上最高値を更新する企業が軒並み出てくる。こ
れは一体どうしたことでしょう。

ここにあるのは、ここでも株主重視の姿勢です。実は米国企業は、生み出され
るキャッシュで積極的に自社株買いを行なって、時には借金してまで自社株買
いに資金を投入します。利益や生み出されるキャッシュより多く、自社株買い
や配当に投入することも決して珍しいことではありません。そして自社株買い
を行なうことは、発行株数が減ることになります。ただし株主が持つ株数が減
ることは当然ながらありません。したがって全体のパイが減り持株数は変わら
ないのですから、株主の持分比率は上がることになります。

これを株価形成の面で見ますと、株価は利益の額によってではなく、1株利益
(利益/発行株数)によって形成されます。すなわち自社株買いにより発行株
数が少なくなるということは、利益が横ばいでも1株利益は上がり、理論上株
価は上がるということになります。ここで、株主の持分比率が上がることと
1株利益が上がることが結びつくわけです。

このように、米国では長年にわたり自社株買いを続け、5年程度で25~30%発
行株数が減ったという事例が出ています。こうなりますと、利益が横ばいでも
1株利益は33~43%上がることになります。私はここで間違った計算をしてい
るわけではありません。減る株数が分母にくると、1株利益の伸び率は株数が
減る率より大きくなるのです!そこに利益の成長が加わるわけですから、1株
利益の伸び率は乗算的に加速するわけです。大したことのない10%の増益でも、
上のような率で発行株数が減ると、1株利益は46~57%増えるのです!これが、
米国で史上最高値を更新する重要なエンジンです。

ここで、話を配当金に向けますと、米国企業は増配にも大変積極的で、数十年
にわたり増配を続ける企業も珍しくありません。ある企業のCFO(最高財務責
任者)の言で「配当金はわが社にとってSacred(神聖なもの)である。」とい
う言葉が忘れられません。この言葉を解釈しますと、この会社は「配当金を毎
年増やすことが会社にとっていちばん重要なことです。」といっているのと同
じなのです。

ここで自社株買いと増配を結び付けますと、両方とも株主にとってはよいこと
なのですが、自社株買いをやりますと、配当負担は軽減するということがわか
ります。なぜなら、配当金が横ばいであれば自社株買いにより減る株数分で、
配当負担が減るからです。上の発行株数の減少率を30%とすれば、会社の配当
負担が同じでも配当金は43%増配できるわけです。したがって、株主にとって
は、利益が横ばいでも、株価は上がる、配当金も増えるとまさに一挙両得でメ
リットがあるわけです。そこに利益が上昇でもしようものなら(この表現はラ
ッキーのように聞こえますが、実際には多くの企業で利益は伸びています。)、
株価は加速して上昇するのは何の不思議もないのです。

そしてこれが、ニューヨークダウが史上最高値を更新する原動力となっている
のです。

□ 株式投資を見る目は、ニューヨーク市場で養われる。

間違った視点で株主を見ている日本株式市場で、いくら株式投資を勉強しても
得るものは少ないといわざるを得ません。いわば、日本の株式市場は世界から
みたら異常な市場といってもよいでしょう。出てくるデータも世界から見れば、
異常値が出てくることも珍しくありません。そこから発せられるメッセージは、
世界には何のインパクトもないと見て差し支えありません。これからは、米国
市場を見るようにしましょう。そうすれば日本の株式市場を見る目を養え、日
本の株式市場に何が足りないかが、自ずと浮かび上がってくるといってよいで
しょう。そういう声が大きくなってはじめて、日本市場はよくなるのです。人
生は短い、無駄に時間を費やしていると、あっという間に時間は過ぎていきま
す。

いかがでしたか、今週のメールマガジン。これからも私、尾藤 峰男は、メル
マガ読者の皆さんに、真に役に立つ「資産運用を成功に導く」情報を発信して
いきます。ご期待ください!
それでは、皆さん、今週も充実した1週間でありますように!
このメルマガを、お友達にも紹介して上げてくださいね。
メルマガ登録はこちらから!
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
このメルマガへの率直なご感想・忌憚のないご意見もお待ちしています!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ 編集後記:
弊社でも、遅ればせながらWindows XPからの更新を決断し、今月パソコンも買
い換えることにしました。どの程度パフォーマンスが上がるか楽しみですが、
その前に無事に新しいPCへの移行が完了するよう、万全の準備をしておかなけ
ればなりません。ネットワークでつながっていたり、いろいろなソフトが入っ
ていますので、落ちがないように十分慎重に進めたいと思っています。何か注
意するべき点などありましたら、ぜひ教えてください。

===================================

皆さまだけの利益を考えるFP・資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

===================================
■ びとうファイナンシャルサービスは、皆さまの目標や夢の実現のため、
  30年を超える長い経験と知識、高い職業倫理で、お客さまの利益のみに
  目を向けたサービスを提供しています。いつもお客さまのかたわらでお金
  の健康管理をするホームドクターです。

■ びとうファイナンシャルサービスは、金融機関から完全に独立したFP・資
  産運用アドバイザーとして、最高水準の知識と理論に裏付けられたベスト
  の金融商品の紹介や助言サービスを提供して、お客様に安心して人生を過
  ごしていただく資産運用をご案内しています。

  お問い合わせはこちら→
  https://secure70.chicappa.jp/~weblike.jp-bfsc/inquiry.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■ おすすめメルマガのお知らせ 

社会保険労務士小田一哉さんの365日毎日更新のメルマガをご紹介します。
会社員としての勤務経験や社会保険労務士としての日々の仕事を通じて、「仕
事の本質」を考えていくメルマガで、わたしたちが日々の仕事をしていく上で
とても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派のメルマガです。購読申し込みは、こちらからぜひどうぞ!
http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』

■ 発行人サイト    http://www.bfsc.jp/

■ 発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
           投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第905号

■ 発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
           米国CFA協会認定証券アナリスト
           日本証券アナリスト協会検定会員
           1級ファイナンシャルプランニング技能士
           日本FP協会CFP認定者

■ ご意見・ご感想   info@bfsc.jp
※ このメールは、お名刺の交換や弊社への資料請求、また弊社のメルマガ登
録をされた方へ、お役に立てる情報をご提供させて頂く事を目的としています。
メルマガの配信停止をご希望の方は、大変お手数ですが、このメールへの返信
または、info@bfsc.jp まで、「不要」とご記入のうえお送りください。
(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。
・本メルマガの内容を引用する際は、出典を明記してください。

Copyright (C) 2013 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ