トップページ > メールマガジン > 2009/03/02 株式投資3大原則No.3-日本だけ見ていてはだめ!

2009/03/02 株式投資3大原則No.3-日本だけ見ていてはだめ!

2009/03/02 株式投資3大原則No.3-日本だけ見ていてはだめ!

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.36(2009.3.2)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第36号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していきます。

ぜひ、ご期待ください!!

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、お
早めに是非紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無料
ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?

────────────────────────────────────

■   株式投資3大原則―日本だけ見ていてはだめ!!―No.3

────────────────────────────────────

株式投資3大原則の最後は、グローバル化です。日本は、国が国家ファンドを

作ることを非常に嫌っています。国民の財産を危ないものに投資などできない

という発想です。なにをもって危ないのかよくわかりませんが、情けない話で

すね。シンガポール、カタール、ドバイ、最近では中国・ロシアまでいわゆる

ソブリン・ウェルス・ファンド(国家の富ファンド)で活発に投資しています。

日本は、そうなるにはまだまだ時間がかかるでしょうから、待っていても始ま

りません。1500兆円の個人マネーで一気にグローバル投資といきたいもの

です。皆さん自身の意思決定で、お金を大いにグローバル化しましょう。

□    開国から現在まで、維新の揺籃期、明治・大正の健全成長、敗戦危機、

戦後復興・高度成長、そして成熟・人口減少へ

江戸時代末期、250年の鎖国が続く時代に咸臨丸で勝海舟や福沢諭吉がアメ

リカに行ってから、国際社会に日本がデビューしました。そのころは、福沢が

書いた西洋事情が大ベストセラーになるように、外国など遠い宇宙の果てのよ

うな感覚だったのではないでしょうか。それから、日本は第二次大戦で国とし

ては手痛い打撃を被るわけですが、たくましく復興し高度成長期に入っていき

ます。

そして、1980年代前半までそれは続きます。しかし国としての成長はこの

頃ピークを迎えたといってよいでしょう。1990年代にはバブルがはじけ、

いまでは少子高齢化で、人口減少時代に突入しています。パイが少なくなれば

いくら頑張っても、日本に限定していれば限界があります。今の閉塞感や政治

の体たらくを見れば、一目瞭然です。

□    少し外を見れば、世界は全く違う!!

中国を見てください。いまだに8%成長を国家目標に掲げているのです。こん

なに威勢のいい国は、今の金融危機の時期に、驚くばかりです。日本は、昨年

第4四半期GDPが-12%を超えているのです!インドは、人口動態がきれい

な釣鐘状で、大変均衡が取れています。まだまだ社会インフラは未成熟で、地

域や社会格差は大きいですが、成長機会はほとんど無限の余地がありそうです。

ベトナムは、平均年齢が25歳で、街は若者で活気があふれ(オートバイの喧

騒がすさまじいようです)、向上意欲は日本の比ではありません。

□    日本の会社もバカではない、かなり利口です!!

ビール会社やコンビニは、これまで国内市場が主と、通念では思っていたでし

ょう。タバコもそうです。ところが、全く違うのです。ビールのキリンは、オ

ーストラリアでは最大手醸造メーカーライオンネイサンや2位の食品会社ナシ

ョナルフーズを持ち、フィリピンの最大手ビール、サンミゲルを傘下におき、

アジアではかなり成功をおさめている会社です。セブン&ワイは、実はアメリ

カ最大手コンビニのセブンイレブンを所有していて、アジアにおけるコンビニ

事業もすべて統括しています。タバコはJTですが、ロシアでは最大の外資企業

となっていて、英国ガラハーを子会社として欧州でのプレゼンスは1,2位を

争うものがあります。

このようにこういう会社は国内が主の市場と思っていたら、トンでもない間違い

です。企業は大変賢いのです。そしてこのグローバル戦略は、もっともっと加

速していくことでしょう。

□    今度は皆さん個人が、賢く外に出て行く番です。

皆さん自身をグローバル化などというと、物理的に外に行って視察・研修でも

しないといけないではというようなイメージを潜在的にも持ちがちです。こう

なりますとかなり投資のグローバル化がむずかしくなります。

今のお年寄りは非常に元気で、80歳を越えるような方でも、どんどん外国旅

行に行っています。南極でも今はお年寄りツアーのような様相です。その南極

ツアーで実際にあったかなりヤバイ話は、下の編集後記に書いてありますので、

ぜひご覧くださいね。

話を戻して、グローバル投資は実際に行かなくても簡単にできるのです。いい

ですか? よくお聞きください。グローバル投資は証券会社に2回注文すれば、

終わりです。これで完璧です。そして今度は、本当の行動で投資した国にいっ

てみたら良いでしょう。

ただし、皆さん自身でグローバル投資を手がけようとしても、簡単とはいえな

かなかうまくはいきません。といいますのは、市場の上下により皆さんの気持

ちが揺れ動き、時間が立てば考えや信念は揺らぎ、周りの雑音には惑わされ、

足元から泥流化してくるのです。またいくら投資するのが適当なのかなど・・・。

ということで最後は手前味噌になりましたが、投資のグローバル化のご相談は、

信頼できる当方までという帰結になりました。しかし実際問題として嘘は申し

ません。本当にそうなのです。

今週のメルマガ、いかがでしたか。ご意見・ご感想、どしどしお寄せください。

最後までお読みいただき、大変ありがとうございました。来週も読者の皆さまに

役に立つ情報をご案内しますので、ぜひご期待ください!

=================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

=================================================================

このメルマガは、株式編です。これからも、中身の濃い情報をご紹介していき
ますので お友だちやお知り合いにも教えてあげてくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

南極旅行で実際にあった話です。といいますのは、私のごく近い親戚が、南極

旅行に最近行って来て実際に見たことですから、間違いなのです。ツアーで南

極に行ったグループの中である80歳以上の高齢者が手荷物チェックで引っか

かりました。それは風呂敷だったのですが、係官からこれを開ける様にいわれ、

開けると90万ドルの現金!! その人の説明が、「どうもクレジットカード

というものはなじめないので、いつも現金で持って行くようにしている。」と

のことでした。世の中には、本当にいろいろな人がいるものですね。

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<あなたもメルマガを発行してみませんか?>
手続きは誰でもカンタン!発行申請後、最短2日でメルマガの創刊が可能です。
まずは発行者登録から⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=18892&rid=2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――─
●TIW アナリストウィークリー【投資の眼】-まぐまぐ版-
http://www.mag2.com/m/0000271781.html  週刊
【現役アナリストの本気!を読んでみませんか?】著名アナリスト真剣執筆中
!ダイヤモンドZAi・ラジオ日経など多数メディアに常連出演のTIWアナリスト
陣が本気で執筆。注目銘柄あり、業界秘話あり、読者質問あり、無料セミナー
あり、充実の内容に驚いてください。
★発行者webもご覧ください↓
http://www.tiw.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ