トップページ > メールマガジン > 2009/04/27 投資の心理がわかれば、株式投資で成功間違いなし!No.8-「業績が好調な会社の株価は上がる」と考えるのは間違い!

2009/04/27 投資の心理がわかれば、株式投資で成功間違いなし!No.8-「業績が好調な会社の株価は上がる」と考えるのは間違い!

2009/04/27 投資の心理がわかれば、株式投資で成功間違いなし!No.8-「業績が好調な会社の株価は上がる」と考えるのは間違い!

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.44(2009.4.27)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第44号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。

ぜひ、ご期待ください!!

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、お
早めに紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?

────────────────────────────────────

■    投資の心理がわかれば、株式投資で成功間違いなし!-No.8

-「業績が好調な会社の株価は上がる」と考えるのは間違い!!-

────────────────────────────────────

このタイトルを見て、皆さんどう感じましたか?「じゃー、どういう会社に投

資したらいいんだよ?」「株は、業績がいい会社に投資するもんだろう?」

「業績が悪い会社に投資しろっていうの?」

いろいろな思いが出てくるでしょう。今日は、投資の心理を、このあたりの考

え方にからめてお話していきましょう。きっと、これからの株式投資の成功に

大きくつながっていくことでしょう!

そこで、皆さんに質問です。

鈴木さんは、大変おとなしく、勉強をよくして、社会問題にも大変関心が深い

人です。学生時代は、英文学と環境学を専攻しました。これらに基づいて、以

下の三つのケースでどれがもっともありうるでしょうか?

1.    この人は、図書館員

2.    この人は、図書館員で環境団体の会員

3.    この人は、金融業界で働いている。

この質問を実際にして、もっとも多かった答えが2だったそうです。皆さんは

いかがですか?大変おとなしく、勉強をよくし、社会問題にも関心が深いとい

うことは、2のタイプを代表するものと考えるからです。

ところで、少し蛇足ですが、1の答えは2を含んでいますから、本当は1の正解の

確率のほうが高いのですが、2を正解とした人が多いのは、面白いですね。

さて、質問に戻って、この正解は、3です。この人は、金融業界で働いています。

「えっ、どうして?」と思った人もいるでしょうが、そうなのです。ここで種

明かしをしますと、質問は、どれがもっともありうるかと聞いているのですね。

図書館で働いている人より、金融業界で働いている人のほうがずっと多いです

ね。金融業界のほうが図書館よりずっと働く機会が多いでしょうから、金融業

界で働いている可能性のほうが図書館で働いているよりよほど可能性が高い、

もっともありうるというわけです。

どうして、こういう間違いをするのでしょう? これは今日のテーマの「既成

イメージ」から来るのです。「こういう人物は、こういうものだ。」という既

成イメージで考えて、ほとんどの人が、3に考えが及ばず、選ばないのです。

そこで本題です。こういう間違いを、たくさんの人が株式投資でもやっている

のです。

□    よい会社とよい株式投資は違う!

よい会社は、利益がたくさん上がり、売上はどんどん増え、よい経営がされて

いる会社ですね。一方よい株式投資とは、他の株より株価が上がることでしょ

う。これには異論はありませんね。では、よい会社の株は、よい投資先でしょ

うか?答えは違います。

よい株を、コンスタントに利益成長を続ける会社だとしたら、高いレベルの成

長を続けられる会社はほとんどないという事実を無視しているのです。高いレ

ベルの成長を続ける会社の株は人気があり、株価は一時期どんどん上がります。

しかしながら、成長はだんだん鈍くなり、先行きの見通しが甘すぎたことが明

らかになり、割高に買われた分を含め株価は下がります。これを、ちなみに、

「過剰反応」といいます。

上の質問で、ほとんどの人が1か2を選び、3を選んだ人はほんのわずかだった

ということを、これに当てはめますと、利益成長をずっと続ける会社は、図書

館と同じようにほんのわずかなのに、既成イメージから「利益成長を続ける会

社」がいい投資先と考え、そう思う会社の株を買うわけです。そして実際にそ

うなる会社はほとんどない・・・。

□ ぼろっ株の方がいい投資?!

「あきれたことを言っている。」と思う人もいるのではと、すこし心配なので

すが、まぁー辛抱して聞いてください。ここで、アメリカでの調査結果をお話

します。

利益成長を続けるであろう成長株を「魅惑的な」株として、最低の成長しか見

込めない株を「ぼろ」株と名づけます。そして、全部の会社の過去5年の売上

の伸びをはかり、上位10%に入る会社を「魅惑的な」会社として、下位10%

の会社を「ぼろ」会社と呼びます。翌年(1年)あるいは5年後の投資成果は、

「魅惑的」な方がいいかあるいは「ぼろ」がいいか?

1963年から1990年までのニューヨーク、アメリカン証券取引所全銘柄のデータ

にもとづいた結果は、次の通りでした。

1年      5年

魅惑的な株   11.4%     81.8%

ぼろ株     18.7%     143.4%

いかがです? 明らかに、ぼろ株のほうがいいですね。よい会社は必ずしもよ

い投資先ではないということがわかるでしょう。人間は、いままですごい利益

成長を続けてきた会社は、これからも同じ成長を続けるという「既成イメージ」

をもってしまうのです。そしてこの考え方にそわない情報は無視するのですね。

皆さん、このことは覚えておいた方がいいでしょう。「よい会社がずっといい

わけではない。悪い会社がずっと悪いわけではない。」

□    「負け株」のほうが「勝ち株」よりいい!

過去3年から5年の間、株価がぱっとしなかった株を「負け株」、株価がすばら

しくよかった株を「勝ち株」とします。人間は、ここでも会社の成長と同じよ

うに、これまで株価がすばらしくいいと、これからもいいだろうと考えるので

すね。そして、株価が上昇傾向を続ける勝ち株を追いたがるわけです。ここで

も、これまでよかったと同じように株価が上がり続けるということは、ほんの

わずかということに、気がつかないのです。

そして実際には(これもアメリカの調査ですが)、次の3年間で、負け株が勝ち

株を上昇率で30%も上回る実績を残しているのです!

皆さん、いかがでしたか。誰もが陥りそうなことですね! あるいはこれが当

たり前と思っている人のほうが多いのではないでしょうか。そこに大きな落と

し穴があるとしたら、これはちょっと無視できません。

参考書:投資の心理-ノフシンガー著

まだまだ、陥りやすく、わかれば得する投資心理シリーズは続きます。どうぞお

楽しみに!!

今週のメルマガ、いかがでしたか。ご意見・ご感想、どしどしお寄せください。

最後までお読みいただき、大変ありがとうございました。来週も読者の皆さまに

役に立つ情報をご案内しますので、ぜひご期待ください!

=================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

=================================================================

このメルマガは、株式編に入ってきています。これからも、中身の濃い情報を
ご紹介していきますので お友だちやお知り合いにも教えてあげてくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間
になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

実は、うちの息子は高1で、5月連休に開催される文化祭の実行委員をやって

いるのですが、その準備がいよいよ佳境に入る中、仲間内でチームワークが乱

れたり、いい加減なことで済ます輩がいたり、はては風紀まで乱すものが出た

りで、連日大変なようです。これを、実際にチームで取り組むことのむずかし

さを学ぶ機会と考えれば、後になってものすごくいい経験をしたといえる時が

きっと来るのでしょう。親としては、ただ暖かく見守ってやりたいと思ってい

ます。

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<あなたもメルマガを発行してみませんか?>
手続きは誰でもカンタン!発行申請後、最短2日でメルマガの創刊が可能です。
まずは発行者登録から⇒ http://rd2.mag2.com/r?aid=18892&rid=2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――─
●プロの視点。今、乗るべき銘柄が見えてくる。
http://www.mag2.com/m/0000276905.html  日刊
もう相場で迷わない。証券ディーラーとして20年以上、株式相場で果実を手に
し続けた独自理論が相場の流れを分析。今、乗るべき銘柄が見えてきます。
★発行者webもご覧ください↓
https://www.kabutomato.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022 東京都港区海岸
1-2-20 汐留ビルディング3階
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ