トップページ > メールマガジン > 2009/08/03 投資信託は、130年以上も前に始まりました

2009/08/03 投資信託は、130年以上も前に始まりました

2009/08/03 投資信託は、130年以上も前に始まりました

□   毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!:No.58(2009.8.3)
■□
□■□               びとうファイナンシャルサービス(BFS)
■□■□                      http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グローバルスタンダードの証券アナリスト資格CFAとFPの最上位国際資格
CFPをもつ資産運用アドバイザーのびとう@BFSです。このメールマガジン
は、おかげさまで第58号となりました。ご愛読感謝しております。

このメルマガで大事なお金の運用で皆さんにお役に立てるよう、しっかりその
成功へのステップを、CFA&CFPのびとう@BFSがわかりやすくお話していき
ます。

ぜひ、ご期待ください!!

このメルマガは、連載形式になっています。これを読めば、どうすれば資産運
用で成功するかがわかるようになっています。お知り合いや友人の方にも、早
めに紹介してあげてくださいね。

メルマガの最後には、びとう@BFSへの質問コーナーもあります。ご質問は無
料ですので、お気軽に日ごろの疑問や悩みを聞いてみませんか?

────────────────────────────────────
***投資信託編***

■  投資信託は、130年以上も前に始まりました。

────────────────────────────────────

このメルマガは、投資信託編となりました。今日は、その第一号です。皆さん

の資産形成にとって投資信託は大変有力な金融商品ですから、ぜひこのメルマ

ガで勉強してくださいね。まずは、投資信託の始まりからひも解いていってみ

ましょう。

□    「投資信託」はイギリスで19世紀中ごろに始まりました。

イギリスは、当時世界を制し、全盛期を迎えていました。時はヴィクトリア王

朝の時代、産業革命による資金需要はひとまずおさまり、低金利の状態でした。

一方で、大陸では、ナポレオン敗退後の復興需要は旺盛で、資金不足で高金利

の状態でした。

産業革命の成功により蓄積された富は、国内では適当な投資先が見つからずに、

この大陸の復興需要に向けられたのです。ロスチャイルドなどの金融機関や巨

額の富を蓄積した資本家は、直接資金を投入できますが、十分な投資先の調査

能力をもたず、資金も小口で直接投資できない投資家は、うまくその機会を利

用できませんでした。

そこで生まれたのが、「投資信託」だったのです。このような小口の資金を集

め、十分な審査能力をもつ運用機関が大陸の資金需要に投資し、その利益は出

した額に応じて享受するという仕組みです。こうして1868年にイギリスで

設定された「フォーリン・アンド・コロニアル・ガバメント・トラスト」が、

世界最初の投資信託といわれています。この運用会社は、いまも健在です。

この最初の投資信託の設立動機が、まさに投資信託の意義を体現したものなの

ですね。

・小口の資金を集める

・専門家の能力や知識を活用する

・利益は持分に応じて分配する

□ アメリカでも、50年ほど遅れて始まりました。

アメリカでは、第一次世界大戦当時戦争特需もあり、富が蓄積しました。その

受け口として1921年に投資信託が導入されました。その後の発展は目覚し

いもので、アメリカ国民の資産運用の中核をなす金融商品となっています。

2008年の投資信託残高は、約12兆ドル、日本円で1200兆円に達して

います。投資信託は、個人金融資産の中で株式や預金を越え、トップの地位

(2007年20.6%)を占めており、わが日本の2008年度3.3%に

比べるとまさに雲泥の差です。

□    わが日本も、戦前からあった。

日本で最初の投資信託は、1941年の野村証券による投資信託です。当時は、

証券会社が運用していたのですね。

戦後、特に1960年代後半からの高度成長期の株式市場の上昇から、株式投

資信託は順調に拡大しました。また、MMFなど預金に近い公社債投資信託は、

一般に広く浸透してきています。

しかし株式投資信託は、1990年代に入りバブル崩壊後の急落・長期低迷か

ら残高が伸びない時期が続きました。2000年代に入ってからは、海外へ投

資する投資信託が国際分散投資型や新興国向けを中心に残高が増えてきたので

すが、今回のサブプライム金融危機により痛手を被った状況になっています。

ただ、1400兆円の家計の金融資産に占める投資信託の割合は、3.3%に

過ぎず現金・預金の55.8%や保険・年金の28.2%に比べれば、まさに

微々たるものといったところです。

アメリカほどとはいわないまでも、せめて日本も、投資信託の割合が10%台

に乗せる程度のところまではいって欲しいですね。

参考資料:野村アセットマネージメント「投資信託事典」、日銀資料

======================================================================

びとう@BFSへのお気軽質問コーナー:

資産運用や株式投資の日ごろの疑問やお悩みを、聞いてみませんか?

info@bfsc.jp へお気軽にどうぞ。びとう@BFSがやさしくお答えします。

======================================================================

このメルマガは、投資信託編、債券編、資産運用編、ライフプラン編など中身

の濃い情報をご紹介していきますので、お友だちやお知り合いにも教えてあげ

てくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。皆さんの一週間が、すばらしい一週間

になりますように!

───────────────────────────────────

編集後記:

今年は「暑中見舞い」を8月1日に出したのですが、どうも「暑い」という言

葉が、外を見ればちょっとふさわしくなく、明日、あさってあたりは何とか暑

くなって欲しいと願ったりしています。

これって、なにかちょっとおかしいですね。といいながら、暑くなるのを待っ

ていたら、立秋(8月7日頃)になり「暑中」の時期は過ぎてしまうし…。こ

ういうことで悩む人って、今年は多いのではないでしょうか?

───────────────────────────────────

メルマガ登録はこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

バックナンバーはこちらから→
http://www.mag2.com/m/0000267917.html

───────────────────────────────────

ブログもやっています!
http://blog.goo.ne.jp/dreamct-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さまだけの利益を考える資産運用アドバイザー

BFS びとうファイナンシャルサービス http://www.bfsc.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BFSは、皆さんの目標や夢の実現のため、30年を超える長い経験と知識、
高い倫理観で、お客さまの利益のみに目を向けたサービスを提供しています。
たとえますと、いつもお客さまのかたわらでお金の健康管理をするホームドク
ターです。

皆さんに、こんなことはありませんか。

・退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。
・お金はほとんどが、利息の少ない定期預金においてある。
・いまの運用のやり方でほんとうにいいか、自信がない。
・株や投資信託で大損した…。
・銀行や証券会社に訊いても、うまくいかない。
・お金の運用を誰に訊いたらいいか、わからない。
・大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。
・仕事が忙しいので、お金の運用に手間はかけられないが、しっかり殖やしたい。

■BFSは、完全な独立系アドバイザーとして、いつもお客さまの側にいて、
お客さまにとってベストの金融商品のご紹介や助言サービスを提供し、上のよう
な問題や悩みをすべてクリアに解決します。

お問い合わせはこちら→
https://70-weblike-bfsc.ssl-chicappa.jp/inquiry.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メルマガ名     『毎週3分で、資産運用の成功に導くメルマガ!』
■発行人サイト    http://www.bfsc.jp/
■発行人       びとうファイナンシャルサービス(株)
関東財務局長(金商)第905号
■発行責任者     尾藤 峰男(びとう みねお)
米国CFA協会認定証券アナリスト
日本証券アナリスト協会検定会員
1級ファイナンシャルプランニング技能士
日本FP協会CFP認定者
■メルマガの登録   http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■購読解除      http://www.mag2.com/m/0000267917.html
■ご意見・ご感想   info@bfsc.jp

出典を明らかにしていただければ、ご自由に転送いただいても構いません!

(重要事項)
・内容については、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではあ
りません。また、当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、発行人
は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判
断でなさるようにお願いいたします。
・メール本文・データ等の著作権は、発行人に帰属します。

Copyright (C) 2009 Bito Financial Service, Co., Ltd. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■顧客を増やすためのビジネス朝食会を開催しています。
・仕事前の早朝の時間を有効活用してビジネスを広げたい
・新しい「マーケティング」手法を学び、それをビジネスに生かしたい

詳細はこちらのサイトを参照 http://bni.typepad.jp/blog/chapt-0007.html

次回朝食会
日時   8月5日(水) 7:00~8:30
場所   吉祥寺第一ホテル
http://www.hankyu-hotel.com/hotels/12kichijojidh/access.html
会費   2000円(朝食代含む)
その他  名刺30枚程度持参

参加希望者はこちらまで
m.bito@bfsc.jp(お名前、職業、参加日をご連絡願います)

★★★おすすめメルマガのお知らせ★★★

朝食会仲間の、社会保険労務士小田一哉さんの日刊メルマガをご紹介します。
会社員としての仕事経験や社労士としての仕事経験を通じて、「仕事の本質」
を考えていくメルマガで、日々の仕事をしていく上でとても参考になります。

「目先」にとらわれず、「長期の視点」で「仕事の本質」を考えていく、真面
目で硬派なメルマガということです。購読登録はこちらからどうぞ!

http://www.mag2.com/m/0000230023.html

小田一哉さんのプロフィール
http://ameblo.jp/oda-sr/theme2-10006799554.html
———————————————————————-
◎毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000267917/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

━【まぐまぐ!からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★現金30,000円が、毎月1名様に当たる★
あなたのガソリン代はもっともっと安くなります。詳しくは↓をチェック
ガソリン代の節約術を公開中!⇒ http://a.mag2.jp/iDI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▽こちらもいかが?投資・マネージャンルの注目メルマガ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●「マエストロ」の株式デイリーコメント
http://www.mag2.com/m/0000102401.html  日刊
≪株式投資を楽しくするメールマガジン≫ マエストロが人気銘柄・上昇銘柄
、テクニカル分析、銘柄情報、新興市場銘柄、日経平均株価の予想や投資戦略
など相場概況を含めて日々解説。【内容盛りだくさん】読者皆様からの多大な
ご声援感謝しております。
★発行者webもご覧ください↓
http://www.maestro-stock.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【まぐまぐ!】━

メールマガジンTOP

びとうファイナンシャルサービス(株)

〒105-0022
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング3階 リージャス内
Tel: 03-6721-8386
Fax: 050-3156-1072
Mail: info@bfsc.jp

ホームページ制作,杉並区高円寺,ノーブルウェブ